数秘術師としての私たちの仕事

クライアントを問題解決の堂々巡りから解放します

アルバート
いかなる問題も、それを作り出した

  同じ意識によって解決することはできない。

                A. アインシュタイン

問題解決に力を注いでも労力の割にあまり効果はない

先の名言は抽象的で多少わかりずらいかも知れません。次のような言い方にするとわかりやすくなるかと思います。

全ての病気を治したい!と1つ1つの病気について研究するより
身体を分解し病因を取り除いたのち再構成する方法を発明する方がよい。

全ての病気の治療法を発見しても、また新しい病気が生まれます。

同じように問題は解決しても再生産されます。

後者であればその方法さえ完成すれば、病気は問題でなくなります。

アクセスする情報をより上位の情報にする

こんな状態を経験したことがありませんでしょうか?

異性にモテたい時はモテない。

お金が欲しい時はなかなかお金が入らない。

しかし、

何か別の大きな目標を得てそこに邁進していたら、やがてどちらの不足も解決していた。

今ある問題とは別次元に意識を持ってくことで問題は問題でなくなるし、問題と思っていたこともいつのまにか解決しているものです。

迷いは自分を見失うことで生じます。

パートナー問題も金銭的な苦悩も当事者が自己を見失っている状態の副産物に過ぎません。

人生に度々降りかかる諸問題は自分の本質を知るだけで解決することがほとんどなのです。

その人の「揺るぎない本質」をお伝えする意義

本来の自分を「知る、再確認する」ことは問題の上位情報に触れることに他ならならず、

数秘鑑定で自分の本質を知るとはそういうことなのです。

ここでいう本質とはあなたの人生のテーマともいうべきものを指しています。

個人があるべきテーマに向き直った時、人生は自ずと前進を始めます。

だから私たちは問題の解決策を提示しません。

クライアントその人の本質を伝えるのみです。

数秘術師とはそういう存在だと思いますし、できれば多くの人にその真髄を知ってほしいと切に願っております。

 


SPACEやおよろず主宰
岩城浩司・岩城瑠璃子