SPACEやおよろずの数秘講座〈左脳〉集中講座

SPACEやおよろずの数秘講座〈左脳〉第4期に突入! お気楽めおと数秘講師による、しっかり身につく数秘講座はおかげさまで2周年となりました。

なぜ今、数秘術が注目され始めているのでしょうか?

最近「テレビで数秘術の話をしているの観たよ。」という声を聞くようになってきました。ファッション誌の SPUR でも数秘術鑑定の連載が開始(2017年)したようです。

  • 簡単で、すぐにできる。
  • 明確で深い読みが可能。

数字で鑑定するという目新しさもさることながら「簡単 = 自分でできる」。というのが数秘術の魅力の一つかもしれません。

数秘術にはいくつかの鑑定法が存在していますが、私たちが採用している鑑定法では生年月日を足し算するだけで、10000 通り以上のパターンが算出され、あとは12種類の数字の意味だけ分かっていればすぐに鑑定ができてしまいます。(雑誌やテレビ、ネットの情報の多くは私達がライフナンバーと呼んでいるものだけを取り上げたものです。鑑定時、私たちは他に3つ、合計4つの数字を算出します。)
1人の算出にかかる時間は暗算でも1分弱、暗算が得意であれば30秒以内に算出が完了します。鑑定も慣れた術者なら1~2分でその人の大枠をつかめてしまいます。

実は数秘術の普及は2000年代初頭から始まっており、先人たちの根強い活動により近年徐々に一般の認知を獲得しつつあります。これから数秘術はビジネスの現場のような、より現実的なシーンがその活躍の舞台となっていくことでしょう。

何か特別な力を秘めていそうな「術者」が密室で、というスタイルではなく白昼堂々、仕事の現場でオープンに使いこなしていく技術になります。

やがて日常生活や教育の現場でも、ごく実用的な技術として自然に活かされていくようになるでしょう。

そもそも、なぜこのような技術が必要だったのでしょう?


数秘術は会社組織やチームなど多人数を鑑定するのに適した、
人事職やコンサルタントための技術でもあります。
ビジネスの現場で用いられる組織運用論にエニアグラムがありますが、その創始者はエニアグラムと数秘術の深い関係についても述べています。

数秘術のルーツは非常に古く、新しく見積もっても 6000年から10000年以上前、日本であれば縄文時代かそれ以前、発祥はシュメール文明あたりまでは遡れますがそれ以前の詳細は研究中です。そんな古代の技術を近代まで伝えてきたのはあの、カバラ。1960年代までは一般に解禁されていませんでした。古の権力者や為政者がその組織運営などに駆使していたのでしょうね。

一見簡単で実際に簡単、でも、奥深い技術

一度に数十人の鑑定をこなすこともできる数秘術ですが、用い方によっては個人を詳細に鑑定することも可能です。数秘術を使った個人鑑定をメインにこなす数秘術者が多くおられるのはこのためです。

しかし、数秘術鑑定の手法はあまりにも簡潔なので、初心者がいきなり対面鑑定(個人セッション)すると、大抵、10分程度で伝え終えてしまい、クライアントは拍子抜けして「で?」となります。

早く、明確に必要なことだけ伝えられているのであれば10分のセッションでも充分ですし、時間の節約にもなってよいのですが、読みが浅いために短時間で済んでしまう。というのではちょっと寂しいです。

数秘術は数字の読み解き方だけでなく、周辺知識や鑑定の前提となる仕組みをしっかり身につけて臨機応変な応用力を養っておかなければならない技術なのです。

例えば、なぜ?どのような根拠で数字から意味が読み解けるのか?
これに明確に答えられる人は数秘術師でもほとんどいないと思います。

数秘術は究極のところ、何のためにあるのでしょう?

「迅速な性格の把握?」
「未来予測?」
「人の数だけ理由がある。」

いいえ、厳密には違います。

重要で明確な目的もなく、これだけ緻密な技術が作られるハズはありませんよね。
一言でいい切れてしまう理由があるのです。

15年くらい前にも一度、数秘術が注目されたことがあり、私たちはその時に数秘術を学び始めました。そしていま、再び数秘術が注目され始めている理由も実は、ここにあります。

一つ言えることは、現在の自分を疑わず、日々を正直に過ごしていれば自ずと道が拓けるので、迷うことがなくなります。そういうスタンスが身につくまでの杖、羅針盤が数秘術です。このことを推し進めて考えると見えてくるものがあります。

SPACEやおよろずの数秘講座は、こんな人におすすめ

基礎から応用まで、しっかり学びたい

  • 基礎の基礎、数秘術の根本的な仕組みから学びたい。
  • 様々なニーズに対応できるよう、応用力も身につけたい。
  • 数秘術を入り口に、他の技術の世界も覗き見してみたい。

 

仕事に役立てていきたい

  • できれば数秘術師として開業したい。
  • 人事や組織運営に役立てたい。
  • 接客、コーチングの技術向上に取り入れたい。
  • エントリーシートを書くために自分のことをもう一歩踏み込んで知りたい。

 

どの講座がよいか迷っている。

  • ぐるりと全体を把握できてしまうような講座を探している。
  • 交通費、雑費などもバカにならないので、無駄なく受講したい。
  • 経験豊富な講師から、より多くを学びたい。
  • 内容もさることながら、講師の人柄が心配。

 

ありきたりの内容では物足りない。

  • ネットや本で調べれば済んでしまうような情報ばかりではガッカリ。
  • 他の講座では受けられないような「ここだけの!」という講座が受けたい。
  • すでにある程度、数秘術に親しんでいるので基礎は分かっている。

充実の講座内容

・講師はメインとサブの2人。
メイン講師は経験にもとづいた、実践的な内容の担当。サブ講師は主に周辺情報とテキスト制作の担当です。講座は常にこの2人の講師が参加します。

・1〜10名程度のクラスで開講。
数秘術の講座はマンツーマンよりも複数人で、コミュニケーションしながら行うのが効果的です。講師は2人おりますので、最低でも3人での開講となります。

・独自性の高い内容。
検証を重ね有効であることを確認したオリジナルの鑑定法、算出法を含む、独自性の高い内容です。様々なケースに対応した、仕事の現場で生かせるレベルの講座となっております。
上級編では数秘術師として活動していくための知識と技術について詳しく触れていきます。

・総項数100ページ超のオリジナルテキスト。
数秘術の基礎から応用はもちろん、周辺情報までを俯瞰的に網羅したテキストです。15年以上の研究から紡ぎ出した、SPACEやおよろず渾身のオリジナルテキストは、上・下巻合計で100ぺージ超。ずっとそばに置いてあげてください。
2018年1月現在で、100回以上の講座を経て改訂を重ねています。日々磨きがかかり成長しているテキストです。

【テキスト目次】※ 項数と目次タイトルは、若干変更になる場合がございます。

〈左脳・1〉項数:32ページ
・数秘術とは?
・数秘術の必要性
・数秘術の活かし方
・数秘術の心構え
・数秘術の算出法 ①
・Ln の読み解き方(1〜33)
・補足資料(数秘術の雑学)
 数秘術は占いではない?ほか
・巻末付録

〈左脳・2〉項数:27ページ
・意識の永続性という概念
・数字の持つエネルギーとその源泉
 成長の法則
 「人の想い」が数に与えたエネルギー
・数秘術の算出法 ②
・Bn の読み解き方(1〜11)
・補足資料(数秘術の雑学)
 数秘術のあるある話、ほか
・巻末付録

〈左脳・3〉項数:27ページ
・生まれ日で資質がわかる理由
・数秘術の算出法 ③
・An の読み解き方(1〜11)
・数秘術の算出法 ④
・Un の読み解き方
・4数字の総合的な読み方
 数秘術鑑定の実践
 変則読み
・4数字の関係
・補足資料
 無意識と潜在意識について、ほか

〈左脳・4〉項数:27ページ
・数秘術の近代史
・9年のサイクル
・ペア数秘術
・月の数秘術
・成長の数秘術
・数秘術が存在する究極の理由
・数字の象徴
・補足資料(数秘術の雑学)
 2000年以降に誕生の子供達、ほか

受講者のご感想

これまでに、SPACEやおよろずの数秘講座を受講してくださった皆様の感想をまとめさせていただきました。受講のご検討の際の参考にしていただければと思います。

写真は実際の講座の様子です。広い会場を使用して多人数で開催する講座はその場で感想が飛び交い、とても盛り上がります。

会場:エルおおさか

T さん 50代女性
私はもともと数秘に、大変興味を持っていました。
たまたま数秘術の講座が名古屋であることをみつけ、日程も偶然空いていて、しかも講師の岩城先生ご夫妻を直感でキラリと来て、すごいシンクロを感じとり、即に講座の受講を申しこみました。

駆け足の2日間でしたが、本当に受けて良かったと思える内容でした。
岩城先生の講座は、とてもわかりやすく、数字一つ一つの持つ、特徴や意味、役割り等々も、楽しく学ばせていただきました。
何通りも現れる、数字そのものの姿は深く、なかなかすぐには、自分の中で噛み砕くことはできないほど濃いものでした。
それでも楽しさが勝り、更に探究していきたくなりました。

岩城先生は、「数に好き嫌いはあっても、良し悪しはない」と話されていましたが、その言葉に頷いてしまいました。
そして、占いにつきものの「相性」という概念はなく、「和」という形で現わす…それが数秘の持つエネルギーの使い方だと学び、腑におちる私がいました。

今回受講した数秘術を、私のライフセッションのサポートに使い、セッションに巾を広げていけたら最高です。

とにかく、面白かったし、楽しかったです。
岩城先生ご夫妻に感謝いたします。
ありがとうございました。

他にもたくさんのご感想をいただいております!
受講者のみなさまの声は、特設ページに掲載させていただきました。

SPACEやおよろずの数秘講座〈左脳〉受講者の方々の感想

2017.11.01

講師プロフィール

講師:岩城瑠璃子
1971年生まれ。
山形県出身、京都府在住の数秘術師。

京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。
その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。

数秘術歴 15年
対面セッション:2000回以上
大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。

・OBP アカデミア
・京都精華大学
・Impact HUB Kyoto
などで、数秘術講師経験多数。

副講師 :岩城浩司
1977年生まれ。
神奈川県出身、京都在住の数秘術師。

京都府移住の前は東京都で15年間エンターテイメント系のクリエイター業を営む。
結婚を機に京都に移り住み、数秘術師としての活動を始める。

数秘術歴 3年
対面セッション:200回前後

・OBP アカデミア
・京都精華大学
・Impact HUB Kyoto
などで、クリエイティブ系講座講師・数秘術講師経験多数。

講師一同よりのメッセージ

この「一生つかえる数秘術講座」は、しっかりと数秘術を学んでいきたい方のため、私たちの持てる経験、知識と創意工夫を惜しみなく注いだ講座です。
テキストにも講座にも、私たち講師のキャラクターがそのまま現れた、とても個性的な講座となっております。
もしかすると、この後、どこからともなく「あの講座、受けた方がいいよ〜」というサインがくるかもしれませんので、そちらも参考になさってみてくださいね!

講座受講料


受講料:80,000円(税込)

内 訳:(受講料:15,000円 × 4回)+(テキスト代:20,000円)
※全4回分を一括で、お支払いただきます。
※テキスト不要の方は、お申し込み時にお伝えくだされば、 20,000円を差し引かせていただきます。
その場合、講座中にご使用いただくテキストはレンタルさせていただきます。

テキストのみの個別販売もさせていただいております。

→ テキスト販売特設ページへ

開講スケジュール

現在予定中の講座は下記のとおりです。


本年の予定は終了いたしました。(Zoom によるウェビナークラスは受付中) 

→ SPACEやおよろずの数秘講座 Zoom 講座ページへ


募集期間:各会場とも、開講の1日前まで
※ 講座の開講は今後も予定しておりますが、上級講座とのスケジュール調整のため、初級の次期開講次期は未定となっております。

お申し込み完了までの流れ

1. 下記のお申し込みフォームに必要事項をご記載の上、送信ください。

. 講座受講料の振込先など、詳細のご案内をメールにて返信させていただきます。

3. メールに記載の、お支払い方法で講座受講料のお支払いをお願いいたします。

4. ご入金の確認が済み次第、受付完了となります。会場でお会いしましょう!

オンラインでの受講もできます

お申し込みフォーム