数秘でみる天皇陛下即位礼正殿の儀

本日2019年10月22日、天皇が自らの即位を国の内外に宣明する儀式である即位礼正殿の儀が執り行われました。

 

 

 

 

この日の都内は午前中、天気が崩れ、時折激しく雨が降りましたが儀式が行われる直前に雨は上がり、皇居上空に虹がかかるという現象が起こりました。

 

 

出典元: https://matomedane.jp/page/39935

 

 

台風20号は温帯低気圧に変わり、台風21号は東にずれ、儀式の前に雨が上がり虹がかかる。

 

 

まさに神国を証明するべく起こった現象と言えるのではないでしょうか。

 

 

この日は数秘でみると8の日にあたります。8は繁栄の数秘。八は末広がり、まさに弥栄(いやさか)の8の日を選択されているのも決して偶然ではないのでしょう。

 

 

さらに詳しくみてみますと、22日の「22」という数秘は大転換を意味します。大きく世の中が転換する、価値観がひっくり返る、そのような大きな転換期の日となります。

 

 

そして、10月22日という日のテーマは5:変容させる。真に豊かな世の中に、そして人々が幸福に生きられるよう世を変容させるというテーマの日と読むことができます。

 

 

天皇陛下は第126代目となりますが、この126にも注目してみますと、1は始まり、2は調和、6は愛、という数秘ですので、愛と調和の時代の始まりの世の天皇である、と読むことができますし、また、1と2と6を足すととなります。9は平和の数秘です。

 

 

令和の天皇陛下とは、愛と調和=平和の時代を担う天皇陛下なのですね。

 

 

それでは天皇陛下のお誕生日から数秘読みをしてみましょう。

 

 

天皇陛下の数秘とライフサイクルを算出(瑠璃)

 

 

 

天皇陛下の数秘

生年月日:1960年2月23日

ベースナンバー:5

ライフナンバー:5

アライバルナンバー:7

ユニティナンバー:8

ライフサイクル:1

 

 

 

天皇陛下の今年2019年のライフサイクルは1:新たなるステージの始まり。まさにそのまま、始まりを迎えられていますね。

 

 

ベースナンバーとライフナンバーが共にの陛下。今回の人生では5を生き切ると決めていらっしゃいました。この場合の5とは変革と解釈することができます。

 

 

そして人生のテーマを表すアライバルナンバーが。7は完成させる、究めるという解釈ができます。

 

 

そして魂の悦びとなるユニティーナンバーが8です。8は先ほども述べた通り、繁栄、弥栄の数秘です。

 

 

つまり、この人生において、弥栄の世への変容をきっちりと完成させるために生まれてこられた方だと言えるでしょう。

 

 

それはまさに今年2019年から始まる、という人生の設計図を描いてこられているのですね。

 

 

令和の時代が真に平和な時代でありますよう、お祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。