5年前:SPACEやおよろず結成前夜(2014年)のアーカイブから、初心を振り返る(2)

結成のキッカケは JCETI のグレゴリー・サリバン氏だった

CE-5 コンタクトイベント in 石垣島

CE-5 コンタクトを初めて石垣島へ招待したのは他でもない、SPACEやおよろずの瑠璃。八ヶ岳での700人同時コンタクトの成功もあり、今でこそ少しずつではあるけれど認知され始めた JCETI 。(といってもまだ、日本人の 99.99%の人が CE-5 という言葉すらご存知ないかと思いますが…)

当時は、どこでどうやったらそのようなイベントの情報を入手できるのか?というくらい、「どコア」なイベントでした。

JCETI(ジェイセティー)について

詳しい説明は割愛させていただきます。ご興味がおありの方は下記リンクより公式ページへ

JCETI(日本地球外知的生命体センター)

2014年当時、事実上の JCETI 現地スタッフのチーフのような役割を担っていた瑠璃と石垣島での CE-5 イベントに参加した現・SPACEやおよろずの岩城浩司が接近遭遇したことでパートナーとなりその後、結成されたユニットがSPACEやおよろずです。

初期の活動内容は純粋な遊び

ユニット結成、といってもお互い子育てと本業に忙しく最初の頃の活動は特にまとまりもなくグレゴリー氏の発言をまとめた LINE スタンプを制作したり、前回投稿の「5年前:SPACEやおよろず結成前夜(2014年)のアーカイブから、初心を振り返る(1)」のようなおふざけ画像を SNS で送りあって始終笑い転げるというのが主な活動でした。

当時、とあるカルチャーの界隈で新ネタとしてもてはやされていた「宇宙ネタ」からいろいろな遊びを思いついては、ただ遊んでるだけの同人。

それが最初のSPACEやおよろずでした。

設定だけのマンガ「宇宙(そら)のシリウス」。いつも天文学的スケールのピンチに立たされるが、そのことに本人が気づかないうちに解決される。

瑠璃のとある話から生まれたスケッチ。(いずれちゃんと漫画化したいと思います。)

根底にあるものは現在もなんら変更なし(…のつもり)

メンバー2人とも、結成前とやっていることは同じ

活動5年目に突入ということもあり初心を振り返る意味も込めて、オウンド(自分たちについての)記事を書かせていただきました。

瑠璃は今年でプロのヒーラー歴9年目ですし、浩司は相変わらず創作活動をメインにこなしています。

笑わせてくれるもの、好奇心をかきたてられること、感動することに惹きつけられながらこれからも日々懸命にサバイバルする。ただそれだけです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからも、SPACEやおよろずをよろしくお願いいたします。

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県出身、京都在住。 京都府移住の前は東京都で15年間エンターテイメント系のクリエイター業を営む。結婚を機に京都に移り住み、SPACEやおよろずの活動を始める。