松果体バージョンアップセッションを行う理由と地球人の役割

今年の7月は、数秘では1(始まり)の月で2019年のエネルギーが本格的に動き出す月でした。

 

 

私個人としても確かに7月は大きく意識が変わり、新たな方向性が見えて行動も変化していく流れの中にいます。

 

 

今、世の中は本当に分岐点に差し掛かっていると感じています。スピリチュアルと科学の統合、それだけではなく、男性性と女性性、光と闇、右も左もない、全てにおいて統合へ向かって進んでいるのだと思います。

 

 

7月の参院選をきっかけに、私の意識が変わりました。それまでは、選挙でも投票には行かなかった。投票してもどうせ操作されて終わりだよ、政治なんてどうせ、どうせのオンパレードでした。そう、いくら何か世の中がおかしいと感じていても諦めの気持ちの方が勝り、この国がどんどん良からぬ方向へと向かっていくのを絶望的な気持ちで見つめながら、いざとなったら国外へ移住するしかないのか?などとぼんやり思っていたのです。

 

 

こうやって私たちは政治に無関心、諦めモードで政治を野放しにし過ぎてしまいました。彼らもむしろそうやって国民が政治から意識を離していてくれた方が好都合です。みんなが無知で無関心でいるうちに、メディアも巧みにコントロールしながらどんどんメチャクチャな法案を通して戦争へ持っていこうとしています。

 

 

スピリチュアルが好きな人たちは必ず言います。

 

 

「ネガティヴな情報には意識を向けない。」「テレビのニュースは観ないことにしている。」「三次元より、高次元、別に死んでもどうってことないし。」「全ては一人一人の魂レベル次第。」

 

 

その気持ち、よくわかります。私もそう思っていましたから。少なくとも私がそう思っていた理由は、

 

 

「そもそも政治とか難しくてよくわからないから。」「その情報に触れると一瞬未来が不安になってしまうから。」

 

 

でした。だから政治の話には関わらない。情報に触れない。ネガティヴ波動に同調するとしんどいから。

 

 

でもね、もうそんな悠長なこと言ってられないんですね。しっかり目を見開いて今世の中で何が起きているのかを知り、わからない事については調べ、その上で自分なりに考える。それを私を含め国民全員が行わないできたから、ここまできてしまったんです。政治のことだからと政治家に任せておいてはいけないと実感しました。その人たちを選んでいるのも私たち。

 

 

海外では若者たちはカフェで普通に政治の話をしているそうです。デモなどの抗議行動も数万人規模で起きますね。それを観ながら「外国人は怒りっぽいよねー、荒々しい。」「日本人は怒らない。平和の民だもの。」なんて思っていた私。

 

 

そう思うことにしていただけです。

 

 

無知で無関心、平和ボケの民だったってこと。政治は私たちが目を覚まし行動したら変わります。

 

 

私の場合は特に、子供を持つ身としてこの子たちが生きる未来がどんな世の中であって欲しいのかを考えます。その子供の子供達も。ネイティブ・アメリカンの教えに七代先まで考えて決めるというのがあるように。次の代に何を伝え、何を残していくのか?

 

 

私たちに必ず約束されているものは「死」です。必ずいつか死ぬのだから、生きている間ぐらい地球のために人類のために出来るだけ良いことをして、良い何かを残すべく生きていきませんか?

 

 

一昔前と違って、自分探しの旅を10年、20年かけてる時間はもうありません。なぜなら宇宙はたえず変化しているからです。時間は年々加速しているように誰もが感じていると思います。

 

 

だから私は松果体バージョンアップでターボをかけていってます。ひとりでも多くの方が目覚めなければなりません。自分らしく好きなことをして生きる、得意を活かす、それがひいては人のためになる。この地球に生まれてきた全ての人の役割です。

 

 

夏割キャンペーン

 

いつもご愛顧いただいています松果体バージョンアップセッションですが、8月1日〜16日の期間に60分10,000円のところ6,000円にてセッションさせていただきたいと思います。対面もスカイプも電話も共通して割引きさせていただきますので、この機会にぜひご利用ください。

 

松果体バージョンアップセッションとは

https://space8000k.com/2018/08/16/pineverup/

 

【お申し込み方法】

お名前・ご住所・メールアドレス・ご希望の日時・ご希望の対応形式(対面・ZOOM・スカイプ・電話)を明記の上メールにてお申し込みください。

追って返信させていただきます。

isisruri@gmail.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。