松果体バージョンアップセッション夏の謝恩割引き価格

今年もまた京都に猛暑がやってきました!気候変動の影響で、京都のみならず全国的に年々ホットになってきましたね。くれぐれも熱中症には気をつけてこの夏も乗り切りましょう。

 

 

エアコン無し生活の我が家について、大阪の友人からのメールが面白かったです。

 

 

「京都が暑いのは、夏の南風が大阪の暑い空気を運んで盆地の京都に留まるらしいので、風には罪は無いから、京都の人は大阪にクーラーを買ってもらう事にしましょかー!京都が暑いのは大阪のせい!その最たるものがU○J!!」と【U○Jをぶっ壊す!!U○Jから京都府民を守る党】を立ち上げて、U○Jからクーラー買ってもらって下さい」

 

 

はい、今年は頑張って子供たちの部屋に取り付けたいと思います。心優しい方のご寄付をお願いいたします(笑)

 

 

子ども食堂でのグループセッション

 

 

大阪といえば、先日西成区の子供食堂のスタッフの方々とのグループセッションのご依頼を受けて行ってまいりました。いつか子ども食堂でのセッションがやりたいなと思っていたので、まずは5人の運営スタッフの方々とのセッションが実現したことがとても嬉しい第一歩となりました。

 

 

この日は子供たちの昼食タイムは終了していました。

 

 

スタッフの男性の中に、ものすごく腕が太い方がいらして、セッション前に夫が腕を触らせてもらったり、腕相撲のポーズを取ってみたりと興味津々の様子。

 

 

他のスタッフさんも太い腕に興味津々。

 

 

男の人ってそこを見るんですね(笑)力が強いのか弱いのか、そこは本能的に反応するところなのかもしれませんね。

 

 

この西成の子供食堂ではこれから食事だけでなく、母子の一時避難も可能なシェアハウスを建設するべく動き出そうとしていました。ある建築士の方が夜中に何かが降りてきて一気に描きあげたという設計図を皆で囲みながら、私と夫はお一人お一人にセッション。そしてみんなの関係性や今後のアドバイスなどもさせていただきました。

 

 

なかなか無い経験。私も夫もとても貴重な機会を与えていただきました。

 

 

終わってから運営の代表の方と食事させていただきながら、子ども食堂のこれまでのヒストリーを聞かせていただきました。普通の人ではとても務まらないような涙と苦悩を体験しながらの今がある、と言ったお話で、私などとてもとても子供たちを助けるだなんて甘っちょろいことを言ってきたものだな、と頭が下がる思いでした。

 

 

「私は将来的に子ども食堂なんて無くなったらいいと思うんですよ。」

 

 

と、代表。私もそう思うし、全ての人が考えなければならない問題だなと痛感しました。大元は貧困社会。それは金融システムにある。私たちは多くを受け入れ過ぎた。政治ヘの無関心、教育とメディアによる洗脳、そろそろ多くの人々が目を覚まし、革命を起こしていかないといけないところにきていますね。

 

 

このグループセッションの前夜、夫と聖フランチェスコの映画「ブラザーサンシスタームーン」を観たのですが、セッションさせていただいたメンバーのほとんどが前世でシスターだったり教皇だったり巡礼者だったりして、この映画と何か不思議な関連性を感じてしまいました。1970年代の映画ですが、オススメいたします。

 

 

映画「ブラザーサンシスタームーン」

 

 

松果体バージョンアップセッション割引き企画

 

 

さて、この夏の期間限定企画のお知らせです。

 

 

いつもご愛顧いただいています松果体バージョンアップセッションですが、8月1日〜16日の期間に60分10,000円のところ6,000円にてセッションさせていただきたいと思います。対面もスカイプも電話も共通して割引きさせていただきますので、この機会にぜひご利用ください。

 

 

松果体バージョンアップセッションとは

https://space8000k.com/2018/08/16/pineverup/

 

 

 

お申し込み方法

お名前・ご住所・メールアドレス・ご希望の日時・ご希望の対応形式(対面・ZOOM・スカイプ・電話)を明記の上メールにてお申し込みください。

追って返信させていただきます。

isisruri@gmail.com

 

 

 

ちなみに、松果体バージョンアップセッションのイメージ画像、また夫がエースをねらえ!タッチで描いてくれました。

 

 

 

 

今後も漫画をたくさん描いていく予定でおります。お楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。