れいわ新選組・山本太郎の数秘について

今年の7月がいつになくエキサイティングなのは、参議院選挙のせいかもしれない。

 

3年前の三宅洋平の選挙フェスの時も夫と二人で「世の中が変わる!!」と燃え上がり、品川まで新幹線に乗ってわざわざ演説を聴きに行ったものでした。

 

 

 

そもそも政治になんて全然興味なかった私。

 

「政治とかわけわかんな〜い!」の20代。総理大臣なら知ってます!の30代。そして、シングルマザーとして極貧生活を送りながらも国の福祉制度により何とか暮らせていた40代はじめ頃からでしょうか、政治、この国のシステムというものにちゃんと意識をフォーカスし始めたのは。

 

そんな政治音痴だった私が、今やこの夏の参院選にますます燃えているのです。山本太郎が立ち上げたれいわ新選組に。

 

 

 

 

代表の山本太郎氏に関しては、彼が10代の頃にフジテレビ「天才たけしの元気が出るテレビ」でダンス甲子園という企画に毎週現れて「アジャコング&戸塚ヨットスクールズ」というチーム名で変な踊りを踊っていた頃から知っているので、彼が議員になったと知った時は驚きつつも、ずっとずっと密かに応援させていただいておりました。

 

 

ですので、6年前に石垣島で友人と経営していたお店に、石垣市長選の応援演説に来ていた山本太郎氏がトイレを借りに入って来た時は軽く感動していました(笑)毎朝きっちりトイレ掃除をしていた甲斐があったなと。

 

 

それよりも重要なのは、彼は私のバイブルでもある「神との対話(ニール・ドナルド・ウォルシュ 著)」の読者であるという事実!母子家庭だった太郎氏。亡くなられたお母様からの勧めで読み始めたという神との対話。きっと今もこの本の影響受けてくれているはず。

 

 

そんなわけで、今回の参院選でたった一人でれいわ新選組を立ち上げ、しかも重度の身体障害者の候補者お二人を自分よりも優先して国会に送り込むために身を切る革命を起こす彼を、3年前以上の情熱とともに応援している毎日なのです。

 

 

夫も私も、この世の中がどんどんおかしなことになっていく危機感は実は数年前から感じていたのですが、一年ごとにリアルに迫ってくる感覚に、この国から脱出することも考えていましたが、このれいわ新選組の登場により、まだ諦めずにこの狂った社会をみんなで変えていけるという希望を持つことができたように思っています。

 

 

 

 

では恒例の数秘鑑定をしてみたいと思います。

 

 

山本太郎氏は1974年11月24日生まれ。

 

 

生まれ持った性質は。自然と人のお世話をしちゃっている人。仲間を大事にしていく人。

 

 

この人生でのライフワークは11。地球や地球人類をサポートし自分の生き方を通して多くの人々にメッセージを発信していく人。

 

 

この人生のテーマは。豊かさを皆と分かち合うことで真の豊かさとは何かを学ぶ。

 

 

魂が喜ぶことは。精神修行、霊性を高める。自分一人でやり遂げる。極める。

 

 

今年の4月にれいわ新選組を立ち上げた太郎氏ですが、ちょうどのサイクルにあたり、新たなステージの始まりというタイミングでした。そして参院選のこの7月は2019年のエネルギーが本格的に動き出す月でもあり、完全に波に乗っていると言って良いでしょう。

 

 

真の政治家としての革命はここからが本当のスタートです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。