やってきたヴィジョンは数秘で確認

昨日はまたまた大阪・羽曳野へ。お気に入りのルート、近鉄線で京都から特急で橿原神宮前に行き、そこから乗り換えて古市までのプチ旅行。少し早めに京都駅に着いたら特急に乗るまでにカフェでゆっくりお茶するのも楽しい。今度は特急しまかぜに乗ってみたい。

 

 

 

 

 

前回マミーカフェに開始時刻ギリギリに到着したのを反省し、今回は30分前に到着。カフェのドアを開けて二階の喫茶スペースへと階段を上っていくと、カフェオーナーの郁代さんがちょうど階段の近くにいて、ものすごくビックリしていた。「うわあっ!ビックリした!!早いですね!ドアが開いた音がしたけど何も声がしないし、誰か間違えて入ってきたのかと思って!」ああ、そうだった。普通はドアを開けたら「こんにちはー!」と言うものなのに、何を思ったか私はとりあえず二階の喫茶スペースに上がって行き、郁代さんの顔を見てから挨拶しようとしていたのだった。またしても失礼な事をしてしまったと反省。

 

 

 

一階のお部屋をお借りしての60分セッション会。5人のお客様とセッションさせていただきました。男性2名、女性3名。

 

 

 

 

 

セッションを終えるといつもしみじみと思う。人それぞれ、いろんなドラマがあるんだな〜。そして面白いのが過去世の経験の影響。お客様からフッと届く過去世の映像。その映像と数秘のベースナンバーを照らし合わせると、確かにその要素を持って生まれてきていたりする。

 

 

そして魂は今生においても過去世と似たような事を経験しようとしてしまう。

 

 

ある方は、ベースナンバーに「7」を持っていた。7といってもその数から多数の情報を読み取れるのだけど、その方から感じたのは「日本の高僧」。

 

 

「実は写経をやってみたいんですよ。」とお客様。

 

 

さらにお客様からやってきた映像は海で釣りをするシーン。確かに、7の象徴として「海」があるので、お客様に「釣りはご興味ないですか?」と質問してみると、

 

 

「釣りしたいんです!昔から魚が好きで・・・」

 

 

なるほど・・・。このように、浮かんできた映像に対し、数秘を使って検証しながら伝えているんだな、私。セッションしながら私も学ばせていただいていているのです。

 

 

それから、パワーストーンについて。

 

 

私は石垣島時代に天然石の卸の会社に勤めていたことがあって、お店で石を販売したりブレスレットを作ったりしていたので、天然石についてはちょっと詳しい方なのですが。よく両手首に複数のパワーストーンブレスを着けていらっしゃる方を見かけることがあります。その中には石が曇っていてほとんど浄化されていないのがわかることがあったり、情報を吸収し過ぎてパワーなどほとんど無くなっている石もあったりします。今やパワーストーンは市民権を得ましたが、その扱い方についてはまだあまり知られていないように思います。

 

 

石も種類によっては高価なものもありますしね。地球の鉱物、天然石についてのレクチャーも近々やってみたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください