3月3日・カフェざんまい

雨でスタートしたひな祭り。今は長崎に住んでいる石垣島時代の友人が会いに来てくれたので、浄土寺のお気に入りのカフェ「swiss cofee plants」へ。

 

 

ちなみに、お隣は「青おにぎり」という名のおにぎり屋さん。おにぎり頭の店主の師匠は、森のイスキアの佐藤初女さんなのです。

 

swissのドアを開けるとそこには修道女と宇宙人が。

 

修道女「お待ちしてました。」

 

ここの店主のカズさん(修道女)と、ワンコーナーで縫い物をしているテルヨさん(宇宙人)は、以前お二人とも松果体セッションを受けてくださいました。

 

(「豆ずきん」を製作する宇宙人テルヨさん。)

 

(豆ずきんたち。全て手縫い!)

 

http://mamezukin.jugem.jp

 

今回お会いするのは2回目なのですが、お二人ともすっかり雰囲気が変わっていて初めて会った時よりもピッカピカ!のキッラキラに輝いていました。自分らしさ全開という感じで。

 

宇宙人「あれから色々と変わりましたよ〜!」

 

お二人の様子を見て、松果体セッションをやってきて良かったという思いと、これからも頑張ろうという思いになりました。

 

店内は優しい波動に包まれていてとても心地よいのでした。

 

(店内には無農薬のお米やEMの石鹸などの雑貨品も。)

 

長崎からの友人が、去年あちらの田平教会にファティマの奇跡の3人の子供の子孫の方とその奥様(日本人)の歌を聴きに行った体験をしているのだけど、そんな話から、店主のカズさんはファティマの子供達がマリア様に祈る絵のカードを出してきてくれたのでした。

 

 

繋がってますね〜!

 

インドの春摘みの紅茶と米粉のバナナマフィンがめっちゃ美味しかった。近所なのでこれからもちょくちょくお茶しに行きたいな、と。現代の修道院みたいな、安心の癒し空間でした。

 

次は天才和菓子職人の「とま屋」さんへハシゴです。

 

室内から見えるお庭の砂利を見て喜ぶ友人。

 

「砂利の色を見てると眠くなるんだよねー。」

 

天才さんがそのセリフを聞いて面白がっていました。そして素敵なジャズをかけてくださいました。

 

 

そして神のキビぜんざいとわらび餅をいただきながら、贅沢なひとときを。

 

 

天才さんと友人がおもむろに「湿気」について話し始めました。

 

天才さん「湿気は人をダメにするわよね。」

 

友人「6月の湿気が多い時期になると(霊)が視え安くなるっていう人がいます。」

 

面白い〜!

 

 

長年愛用している、友人が草木染めした五本指ヘンプソックスの新作を購入。麻炭の石鹸とアロエとヘナの石鹸も。

 

 

 

麻炭石鹸は浄化力強いです。なので石垣島ではセッションした日はこの石鹸で邪気払いしておりました。久しぶりに手元にやってきてくれました。

 

人と人がつながっていく瞬間の明るい波動が好き。

 

ほんわかした1日をありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください