出会いは貴重な財産

週末、KENCAFEオーナーの田中くんのヒーリングご飯+koji-kinさんのお話会があり、長男(ハタチ)と一緒に参加してきました。

 

 

koji-kinさんのお話を聞くのは今回で3度目。2,500年続いた夜の時代(地弥生時代)から昼の時代(天縄文時代)への移行期の今についての興味深いお話。何度聞いてもワクワクしてくるし、ハッと気づかされる。

 

長男も誘ったのは、前回参加した時に子供の話が出て、「息子さんが20歳になっているなら、もうこういう話を聞くのもいいんじゃないかな?」とkoji-kinさんに言われたのもあって。

 

長男と対面したkoji-kinさんは、「典型的なヒルの魂の人ですね。」と。そして一瞬で息子の情報を読み解き、いろいろとアドバイスしてくれていた。

 

「とにかく、好きなことやって!」と。

 

「会って数分であんなに俺のことをわかって色々言ってくるなんて、すごいよねー!」と驚く息子。

 

ヒーラーの友達は、「ちゃんとしたご飯をちゃんと食べてたら大丈夫!エネルギーが上がるよ!」と言ってくれていた。

 

(田中くんのスーパーヒーリングご飯。食べると身体中が熱くなり、元気になる!)

 

 

(スイーツは米粉のパウンドケーキに自家製苺ジャムを添えたもの)

 

さらに、田中くんが長男の手相を見てくれた!

 

 

田中くん「方向性が定まったら凄いことになりますよ〜」「40歳で開花するかも。結婚しそう〜」

 

好きな道がパーンと見つかるといいよねー。実は占星術師に向いているんだけどな〜(笑)長男は数秘11。月数秘は7。

 

今の大人は夜の時代を生きてきた。今の子供は昼の時代用に生まれてきた。でも今のところ、まだ移行期だから夜の時代のピラミッド型のシステムの中で生きることを大人によって強いられるため、昼用の子供達には様々なバグが起きている。

 

夜の時代のやり方を学校で教え込まれている昼の魂たちは、逆に昼の時代をどう生きていいのかわからなくなってもいる。だから、多くの子供たちがこのお話を聞いたらいいんじゃないかと思う。

 

昼の時代、天縄文時代は、みんながそれぞれ好きなことをしてそれが仕事になっていて、みんなが天才になる時代。上も下もない。みんなが輪となりつながり合って命を輝かせていく時代。

 

長男「良い出会いの日だったなぁ。」

 

さて、次の日は天才和菓子職人の天才さんのお家のスペースをお借りして、松果体セッションを行いました。もちろん、わらび餅とお茶付き!!

 

お客様何人かの方々から嬉しいご要望をいただいておりまして、天才さんのところでイベントを開催したいと思います。

 

まずは数秘講座の修了生の方対象の春のフォローアップ講座@とま屋を企画中です。

 

詳細決まり次第お知らせしますね!

 

 

(とま屋さんのお庭)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください