梅咲く日曜日

日曜日だけど、次男が学校行事で朝から登校なので私も早起きしてトーストを用意。

 

その後、冷水行を行い、苔ポン無人販売をセッティングして、数秘のオンライン講座の準備に。毎回何かしらトラブって開始が遅れてしまうのだけど、やっぱり今日も遅れてしまった。

 

講座自体は毎回楽しくて2時間があっという間に過ぎていく。途中、夫が昔テレビに出ていた霊能者系の人たちの話をし始めて、伊藤大阿闍梨という人の名前も出たんだけど、私はなぜかその伊藤大阿闍梨の大阿闍梨の部分にツボってしまい、笑いが止まらなくなってしまった。なんというか、だいあじゃりっていう響きが面白くて・・・。

 

時折、受講生さんのお子さんの声や、飼っている猫ちゃんの耳がチラッと画面に映ったりするのも良かった。

 

一昔前は、遠方の人とPCの画面越しに向かい合って話す日がくるなんて考えられなかったな〜、なんて話しながら、講座終了後に夫とカフェへ。

 

最近はずっと、これからの日本について、みたいな話ばかりしている私たち。

 

帰り道に梅が咲いているのを見つけて、一瞬で心が和んだ。こんなに寒い季節でも可愛く咲いて人間を喜ばせてくれる健気な梅の花。写真を撮りながら心の中でありがとうと伝えた。

 

 

 

帰宅して少し仕事して、夕飯の買い物へ。YouTubeで日本経済ネタの動画を聴きながらスーパーをウロウロ。どの人も景気は悪化するという見解。個人投資家の方の音源はとても詳しくこれから経済がどう動くかを説明していた。それを聴きながら食材を買う私。(すごく変わってる〜!)と心の中で自分にツッコむ。

 

ある占星術師と、霊能者の方がブログで「リーマンショック並みの株価暴落がありそう」と書いていた。双方、1日違いで。

 

次はドイツの人が焼いてるパン屋さんにハシゴして、ライ麦のパンを購入。奥の方からドイツの人がわざわざ出てきてニッコリ挨拶してくれた。私もマスクしつつも出来る限りのスマイルで返した。

 

家に帰ると、友たちの家に遊びに行っていたダンサー娘が帰宅していた。ドイツパンをスライスして食べさせようとしていたら、ピンポーン!

 

天才さんだ!

 

溜めてあった3回分の回覧板と、採れたての菜の花と、神のわらび餅を持ってきてくれた。

 

天才さん「回覧板って今の時代に合わないと思うわ〜!他の地域でも回してるのかしら?」

 

今、ガイアの法則という本を貸しているのだけど、その本のある一節に天才さんにとっての大きな発見があったらしい。今度詳しく聞きに行こう。

 

天才さん「いつでも夜中にピンポン鳴らして来てね〜!(笑)」

 

(天才さんのわらび餅)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。