I want to have reading time

今朝、次男が時間ギリギリに起きてきてホットサンドを食べずに登校して行ったので、もったいないからとそれを食べてしまった。やっぱりお腹が苦しい。早速頭がぼーっとしてくる。朝からパンを食べるなんて。。やっぱりこうなるのね。

いつもは、朝一番に「太古の水」を伏流水で希釈したお水をコップ1杯飲んで、リンゴ数切れとごぼう茶を1杯で終わり。

「太古の水」の詳細はこちら↓

https://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/ed6f2aade7a768764efbde7272a6538d

「伏流水」の詳細はこちら↓

http://www.araebisu.net/blank-32

コーヒー、小麦、砂糖をなるべく体に入れないようにしたら本当に調子が良いです。体だけではなくメンタルにも効果あり。

 

最近、日課の冷水シャワーとアーシング、夫とカフェに加えて、中学英語の復習、QUEENの曲をピアノで弾く練習も。そしてセッションや講座、PTA、家事。

 

 

本当はここに「読書タイム」を組み込みたいのだけど、時間が足りない。もっと早く起きてその時間を確保するしかない。

 

なかなか読み進まない本、新たに読みたくて仕方がない本、たくさんある。そしてやって見たいことは、それらの本を読んだら、よりわかりやすくまとめた情報として発信すること。スピネタに限定せず、自分のアンテナに引っかかってきた情報を精査して、女性たちにわかりやすい言葉で発信できたらな。

 

情報発信、私は昔からこれなんだよね。

 

振り返れば小学生時代は「新聞委員」をやっていて、全国の新聞コンクールで賞を取るような新聞作りをしていた。新卒で東京に就職した時は事務職希望で入社したのだけど、本社広報室勤務となり、写真撮影とか記事を書いたり企画したりしながら社内報の製作をしていた。

 

結局、どれも情報発信じゃないか。

 

今はインターネットのおかげでこんな風に好きなことを書いて発信できるから嬉しい。

 

右脳講座(=スピリチュアル講座)のテキストの加筆作業もなかなか進まないのは意識が四方八方に分散するからに違いない。

 

そろそろ一人で集中できる仕事部屋が欲しいなー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。