QUEENメンバーの数秘<その2>ブライアン・メイ

QUEENの映画「ボヘミアンラプソディー」はゴールデングローブ賞の作品賞に輝きましたね。また、フレディーマーキュリー役のラミ・マレックも主演男優賞を受賞しました。

この映画、一度じゃ飽き足らず、何度も観たくなってしまうから不思議です。

さて、前回に引き続きQUEENのメンバーの数秘シリーズ第二弾。ギタリストのブライアン・メイ氏の数秘を鑑定してみたいと思います。

1947年7月19日生まれ

旧暦1947年6月2日

出生名ブライアン・ハロルド・メイ
生誕1947年7月19日(71歳)
出身地 イングランドミドルセックス州ハンプトン英語版
学歴インペリアル・カレッジ・ロンドン
ジャンルハードロック
プログレッシブ・ロック
職業ミュージシャン
小説家
ギタリスト
作曲家
プロデューサー
天体物理学者
担当楽器ギター
ヴォーカル
キーボード
バンジョー
ベース
活動期間1960年代 –

(Wikipediaより引用)

ブライアンは天体物理学者というインテリなギタリストなのです。QUEENの活動が軌道に乗るまでは中学の教師でもありました。数々のヒット曲を作曲しバンドに貢献。音楽活動の間は中断していた天体物理学の研究を2007年から再開し、博士号を取得、地球や太陽系の創生についての書籍も出版しています。

また、動物愛護団体の活動もされているようです。大のペンギン好きで、「ペンギンになりたい」と言っていたことも(笑)

そんなブライアンの気になる数秘ですが、生まれ持った特技を示すベースナンバーは「1」

自ら新たなものを生み出すこと、自分で始めること、みんなを導くことが自然にできちゃう方ですね。

映画の中でも、バンドのみんなをリードしていた様子が伺えました。

そして、この人生でのライフワークとなるライフナンバーは「11」

見えない次元からインスピレーションで得た情報を、音楽や絵や、本などを通じで世の多くの人々に発信するメッセンジャーです。

「11」の数秘を持つ人、特に男性に多く見られますが、アーティストタイプです。女性の場合は圧倒的にスピ系の方が多いです。ヒーラー、セラピストさん。

ブライアンさんの場合、プライベートの自分を示す月数秘のライフナンバーも「11」ですので、裏表のない人だと読むことができます。

また、「11」は完全にET SOULと言えます(インディゴ、スターシード)ので、宇宙や星空に関心を持つ方が多く、彼の場合は裏表のないほどの「11」の方ですから、ミュージシャン&天体物理学者という、まさしくそのまんま!ど真ん中を生きていらっしゃいますね。

僕らは本当に日本のことを思っているんだ。ある種の責任感みたいな気持ちがある。僕らの世代からすると不思議なことで、親の世代は日本と戦争で敵対関係にあったわけだよね。

初めて日本に行ったとき、父親は「日本に行ったんだって?大丈夫なのか?」って言ってたのを覚えてるよ。父親にとっては人生の大半がそういう争いに関わっていたわけで、複雑な気分だったに違いない。それで僕が日本でもらったプレゼントを見せたり、観客の声を聴かせたりしたら、彼の意見が変わってきて、日本がどれだけすばらしかったのかを理解してくれたんだ。

僕らの世代にとって、それは日本との新しい関係を作っていくことで、大切なことだった。僕は国際主義者で、今世界で起きていること-ナショナリズムが再び生まれていることや、その影響を心底嫌悪している。イギリスがヨーロッパから出て行くという考えも大嫌いだ。後戻りだと思っている。

僕は壁ではなく橋を作りたい。だからアメリカで起きていることも嫌いだ。だから僕はこれが世界にとって一過性のものに過ぎないことを願っているし、これを乗り切れば、世界を一つの惑星にする作業に戻ることができると思っているよ。

世界のあちこちのコミュニティーが人類として一緒になる。それがすべてさ。

(QUEEN単独インタビューより抜粋)

「11」の人は、宇宙や地球、人類のスケールで物事を見ていますから、上のインタビューを読んで見ても、惑星人類というワードを用いていらっしゃいますね。

先日、彼が沖縄の辺野古基地建設に反対する署名を呼びかけてくれたことも話題になりました。高度な文明の惑星からわざわざ地球を良い星に導くために生まれてきたスターシードとしては、地球環境を破壊するような人類の愚かな行為には黙ってはいられないでしょう。

そして、この人生でのテーマとなるアライバルナンバーは「8」

成功や豊かさを手に入れ、それを多くの人に分かち合うことにより真の豊かさを学ぶというテーマです。

ブライアンさんは既にアライバルナンバーに到達、クリアしていらっしゃいますね。きっと、若かりし頃はこのテーマは逆に苦手意識があったかもしれません。それが、自分が生まれる前に決めたチャレンジテーマですから。

そして、魂の喜びとなるもの、潜在意識が選択しているものを示すユニティーナンバーは「11」

ライフナンバーとユニティーナンバーが同じ場合、その数字を生きることに何の迷いも無いということで、ブライアンさんは、まさにストレート「11」の方ということになります。

生粋の宇宙人メッセンジャーですね!!今後も地球を優良星にすべく人類にメッセージを伝え続けてください。

ラミ・マレックとブライアン・メイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください