講座を開講してみてのまとめ

開講してみてわかったこと

いよいよ数秘講座がスタートしました。ひと月の間に京都市内のレンタルスペースで2時間、大阪市内のレンタルスペースで2時間、そしてインターネット会議アプリ「zoom」を使ったオンライン講座の個人講座を2時間というペースで授業を進めていきました。

これを4ヶ月続けて左脳講座は終了します。

しかし、これが意外にもとても大変なことだったと気づくのに、そう時間がかかりませんでした。ランダムに増えていくオンライン講座の受講生さんの個人的な日程に対応していくうちにスケジュールが過密になってしまい、夫も私もへとへとになってしまったのでした。平日の夜や土日は殆どと言って良いほど講座が入っている状態になり、家事、子育ては手抜きするしかありませんでした。

また、受講生さんからは

 

受講生 Aさん
4ヶ月は長い。短期間で集中して学びたい。

 

といったご意見や、

 

受講生 Bさん
情報量から言って4ヶ月では覚えきれない。もっとじっくりと学びたかった。

 

などの多様なご意見もいただき、一体どうして良いのやらと頭を抱えてしまいました。

それでも京都、大阪の対面講座第一期生の方々が修了されるまでは何とか頑張りました。そして二期生を募集するにあたり、開講スケジュールを「二日間集中講座」として4時間ずつ二日間で開講する事にしました。

二日間集中講座ですので、遠方での開講も可能となりました。東京、名古屋、大阪、京都、沖縄で開講させていただくことができました。

さらなるチャレンジ、上級編〈右脳〉講座を開講

こうしてSPACEやおよろずの数秘講座・左脳は、二日間集中講座という形で完成したのです。

また、左脳講座を受講された方を対象とした「右脳講座」は3時間ずつ二日間というスケジュールで開講させていただきました。

右脳講座は、本格的にセラピストとしてデビューしたい方向けの講座で、テキストの知識を勉強するというよりも実践が中心となります。個人セッションの準備、心構えをはじめ、私がこれまで個人セッションで使用してきた浄化の方法やリーディングの方法などもお伝えするほか、キーワードから直感で浮かんだ数字を書き出していくイメージワークなども行う講座です。

決して安くない受講料にもかかわらず、左脳講座受講生の方の約半数の方が受講してくださいました。大変ありがたいことでした。

講座を開講してみてのまとめ

この私が数秘の講座を開講するなんて10年早い。

そう思って過ごして来たのですが、ある時、滋賀のイベントで出会ったお客様に「数秘の講座を開いて欲しい。」とご要望があったことと、夫が一時的に失業したことがきっかけとなり、「今がその時!」と一念発起。

その流れがなかったら、今の私もなかっただろうと思います。

ましてや月の生活費を講座で賄うなんて「私にはできない。」と思っていました。かと言ってこの状況を何とかしないといけない。ただがむしゃらに「今」出来ることに一生懸命に取り組む、それしか考えられませんでした。

気づいたら数秘講座だけで300万円の収入を得ていました。

 

わたし
私にも収入を得る力がある!それもどこにも雇われずとも!

 

と、これまで味わったことのない大きな喜びと、自信を得ることができました。

経験した事のない事にチャレンジする、今までの自分の在り方や過ごし方を変える事ってとてもエネルギーを使うし、勇気も要ります。だからと言って、はじめから「出来ない。」と経験を避けるよりも、結果がどうなるかわからないけど、「取り組んでみる」「一生懸命やってみる」事ってすごく大事だな、って今は実感しています。講座を通して自分自身がたくさんのことを学べたし、魂も大きく成長できたのではないかと感じております。

またお金を稼ぐことに関しても、自分で自分に限界値を設けることなくイメージを広げて現実化させる事が大切だと思うようになりました。

何より、一人でも多くの方に数秘の面白さが伝わる事、日々の暮らしやお仕事に活用されていく事に貢献できて本当に嬉しいです。私の望みは「教育の場に数秘が活用され、一人一人が違うことを理解し合い尊重される子供たちがのびのびと才能を発揮し、成長できる世の中になっていく事。」です。

そのために数秘講座をこれからも続けて参りたいと思います。

この場を借りて、一緒に活動してくれている夫と、受講生の皆様に心から感謝を伝えさせていただきます。

皆様、本当にありがとうございます。

ーー

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。