〈左脳・③ -5〉数字の意味:アライバルナンバー2

“アライバルナンバー2” 次世代を担う調和型人間の候補生

この「アライバルナンバーの読み解き方」の章1〜11ではベースナンバーの一般的な解釈を中心に解説しています。ここで紹介する数の解釈はシンプルで教科書的な解釈ですので初心者の方のにはとても参考になるかと思います。
ですがもし、あなたが暗記の得意な方だったとしても丸暗記するのは決しておすすめしません。あなた独自の数のイメージができる前に他者の作ったイメージによって数の解釈が狭く固まってしまうからです。できるだけ「読み流して」くださいね。

An “2” のテーマ(一例)
  • 人々をサポートする。
  • 受容と調和。
  • つながりを広げる。

転換期に変化の幅が大きそうな組み合わせの Ln

Ln 2 , 4 , 6 , 11

アライバルのチャレンジ

  • 誰かを手伝ってみる。
  • 人に友人を紹介してみる。

その他の特徴(特に青年期)

  • 1月1日、1月10日、9月29日、10月1日、10月10日生まれの人だけの稀な An。
  • Bn が1か11限定となるため、青年期においては、1であれば自己主張が強く11であればその繊細さから周囲と距離を保つ性質が現れやすい。何れにしてもやや、個人主義的な面が現れやすいことになる。