石垣島3日目も沢山人に会う

石垣島も3日目ともなると、すっかり「帰りたくない」モードに。

京都の暮らし?あれは夢か幻だったのかも。。
なんて一瞬思ってしまうほど(笑)
さて、この日も大濱信泉記念館にて個人セッションを行いました。
おかげさまで満席だったので、何人かの方々にお断りさせていただいたのが辛かったです。
でも、やって良かった!
お客さんの中に、懐かしの友人も何人かいて、
「3年半もどうして帰って来なかったのよ〜〜!」
「早く戻って来たらー?」
と(笑)
ありがとう。
個人セッション、次はお一人60分に設定しないと、あっという間に終わってしまうなぁ〜と。
できるだけ沢山の方に受けていただこうと思ったけど、かえって中途半端な感じになってしまうので…次への反省。
次は松果体バージョンアップセッションとして開催したいです。
個人セッションが終わって、ようやくお仕事は終了しました。

(お仕事終了後に見た空。)

もう夕方になってしまったけど、どうしても於茂登岳の麓の友人の家まで行きたくて、その後向かいました。

(於茂登岳の巨石。)

友人家族は、以前は街で暮らしていたのだけど、数年前に於茂登岳の麓に引っ越し、旦那さんが廃材などを使用してリノベーションした超素敵なお家に暮らしています。
なんとも居心地の良いお家で、古代レムリアのエネルギーが色濃く残る空間だと感じました。
宇宙と繋がってる場所なんじゃないの?とさえ思うほど。
勝手に繋がりスイッチが入るんです。
感じ取ったメッセージを友人に伝えました。
私「アイヌの人々みたいに自然と繋がって、宇宙とも繋がっている暮らしをするのが良いんじゃない?」
友人「この前、アイヌの刺繍入りのバッグを買ってきたの!」
わお!
ちなみに彼女はウォークイン。
今年は石垣島のお祭りで様々な「異変」があった事を友人夫婦が話してくれました。
自然から離れ、信仰心を忘れた人間達への神の警告。
そんなことを感じながら帰路につきました。
夫「今度はもっとゆっくり於茂登の集落を歩きたいなぁ〜。」

(娘が使っていたお昼寝布団一式。今は友人の娘ちゃんが使用中♡)