那覇から石垣へ移動、いきなり豪雨の洗礼

無事に那覇入りを果たした我々は、翌朝ホテルから那覇空港へと移動。

那覇空港にある「エンダー(A&W)」で朝食。
エンダーは夫のお気に入り。
懐かしい。。沖縄と言えば、エンダー。
たまーに子供達を連れて行ったっけ。
あの謎の飲み物、ルートビア。
暑い日はグイグイいけちゃう♪

(ジョッキで出てきて、おかわり無料のルートビア)

食べた後はLCCのバニラエアでいよいよ石垣島へ!!
飛行機に乗っている時のお楽しみ。
CAさんが荷物入れのドアを指先でそっと押して歩く様子を眺めることと、非常用設備のご案内の時に、救命胴衣のふくらみが足りない場合にゴム管を吹く真似をする場面を見ること。
約一時間のフライトは寝て過ごそうと思っていたのだけど、夫と何だかんだとおしゃべりしてしまった。
結婚して四年目。
そういえば夫婦二人きりで旅するのは初めての事だった。

(飛行機から見た虹!)

「着陸態勢に入ります」のアナウンス。
窓の外にだんだん島が見えてきた。
懐かしい山々、特に「野底マーペー」が見えた時は涙が出てきた。

(尖った山が野底マーペー)

空港に到着してレンタカーを借りたら、早速「玉取崎展望台」へ。
どうしても、あの景色が見たくて。。

(晴れてる時の玉取崎)

玉取崎に到着すると、いきなり豪雨に(°_°)
360度エメラルドグリーンの海が見えるはずだったのに、一気にグレーの空に変わった。
それでも展望台に行くと、観光客の女子がいたりして、お互いに大雨の中のツーショット写真を撮り合った。

(玉取崎展望台にて。大雨降ってる最中。)

展望台に向かう道の途中に、パラソルを置いてお店を出してる島人がぽつーんと。。
洪水になるのでは?という程の雨でやる気消失?
「店番〜〜!!」
と、大声で誰かを呼んだ島人。
するとパラソルの横に停めていたワゴン車の中から小学生の男の子が出てきて、お父さんと店番交代。
背中に「なんくるないさー」とプリントされたTシャツを着て、クロックスもどきのサンダル姿。
懐かしい島の子供スタイル( ´∀`)
夫には新鮮だったらしいその光景。
島では子供が親の手伝いをするのは当たり前。
さしみ屋で子供がレジやってたり、新聞配達をしている小学生もいる。
京都で手作り市に出店した時に娘と店番していたら、お年寄りの方などに驚かれた事があるんだけど、島では誰も驚かない。
土砂降りはおさまる様子がない。
島入りする前にメールで東京のお客さんから教えていただいたアイスキャンディー屋さん「タマトゥリー商店」を訪れてみた。
30代くらいのマスターがぽつーんといらっしゃいました。
その方とあれこれ雑談しながら「黒糖ミルクキャンディー」をいただきました。
アイスキャンディーはマスターの奥様の手作りなんだって!
最高に美味しいドラゴンフルーツまでいただいちゃって、忘れかけていた島の人の温かさを感じながら玉取崎から街へと。
玉取崎を離れたらカラッと晴天。
あそこだけ???
そこからはお仕事モード。
大濱信泉記念館に到着するとすぐに個人セッションお一人、夕方まで講座、夜は個人セッション。
忙しいけど皆んなに会えて嬉しかった(≧∀≦)
ここの自販機で娘がキジムナーに会って、届かなかったお水のボタンを押してもらったんだって。

(キジムナー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください