ザ・ドリフターズはあの人以外「8」がある。

9月に入った途端、何やら大型の台風21号が京都をめがけてやってくるらしいですね。

(台風21号)

夫がある日、イザナギノミコトが天界から巨大な柄杓で京都に水をかけるビジョンを見たらしいのですが、その後から豪雨や台風直撃などが頻発しております。
京都は浄化が必要なのでしょうね。
私、かつて石垣島で台風に鍛えてもらったので慣れているとはいえ、京都はそもそも建物が台風対策仕様じゃない古い木造住宅が多く、我が家もその一つ。雨戸も付いていません(°_°)
そこに石垣島直撃レベルの台風が来るとなると話は別ですねー。
明日からガチの台風対策しておきましょうかね。
皆さまも甘く見ずにガチで対策を〜!
大したことなかったら笑えば良いのだから!
さて、最近夫と懐かしのドリフネタで笑っているのですが、ドリフターズのメンバー全員の数秘を調べてみました。
いかりや長介さん、
ライフナンバー「8」
ベースナンバー「1」
アライバルナンバー「3」
ユニティーナンバー「3」
加藤茶さん、          
ライフナンバー「3」
ベースナンバー「1」
アライバルナンバー「4」
ユニティーナンバー「8」
志村けんさん、     
 ライフナンバー「1」
 ベースナンバー「2」
 アライバルナンバー「4」
 ユニティーナンバー「7」

仲本工事さん、       
ライフナンバー「9」
ベースナンバー「5」
アライバルナンバー「3」
ユニティーナンバー「8」

高木ブーさん、       
ライフナンバー「9」
ベースナンバー「8」
アライバルナンバー「11」
ユニティーナンバー「1」

でした。
面白いことに志村けんさん以外全員どこかに「8」を持っていました。
8はエネルギーが強く、人を惹きつけ、また影響力も大きいので芸能人の方に多く見られますが、かつて一世を風靡したドリフターズの面々も「8」持ちが多いということで納得です。
興味深いのが、今も自身のお笑い番組で活躍中の志村けんさんだけは「8」がなかったところ。
しかし、志村さんはユニティーナンバーに「7」を持っているため、一つの物事を究める、その道のプロになる、ということを魂の喜びとします。
「お笑い」を究める、プロであるためにストイックに続けるといったところが、今も活躍されていらっしゃる事に繋がっているのかもしれません。
そして、「3」は笑い、音楽、創造性のエネルギーです。
ドリフターズは元々はミュージシャン。
そこからお笑いの世界へ。
その「3」もメンバーに多く見られたことがナルホド納得でしたね〜。
私が子供の頃にキョーレツなインパクトを与えられたドリフのコント↓