ルーツを探る日

今日は土曜日。

いつもの娘のダンスレッスンをチラ見しながら書いています。
家を出る前、お隣さんのご親戚の方から、大原で買ってきたという新鮮野菜を沢山いただきました。
何故かうちは車が無いのに駐車場を借りています。
今日だけそこにお隣さんのご親戚の方の車を停めさせて欲しいと言われて、その御礼にと。
ありがとうございます。
さて、昨日は朝から山形の父から電話で起こされました。
父「明後日NHKのBSで赤川の花火大会が全国生中継で放送するらしいから観たら?」
私「そうなの?でもうちテレビ無いから。」
父「テレビ無いって!?(爆笑)テレビ番組何も観れないのかー!?何とかして観れないの?」
特に団塊の世代にとっては、テレビが無いっていうのは致命的な欠陥として受け取られるらしい(笑)
てか、朝から電話で起こしてまで山形の花火大会の中継を観ることを勧めてくるってスゴい。
そんな父は数秘33( ̄▽ ̄)
父、兄、私、数秘33。
昔、親戚から
「奇人変人の集まり」
と言われた事があったんだけど、まさしく!
母は1なんだけど、潜在的なところに11がある。。
そして同じく昨日の夕方には兄から「白山だだちゃ豆」が届いた。
何とも言えない特有の風味の絶品枝豆なんだけど、今年の異常な気候のせいかいつもより風味が落ちている。
夫「この気候でちゃんと育ったこと自体がスゴイよ。」
さて、娘が虫歯になり、一人で歯医者に行ってきました。
奥歯を削って埋めてもらって帰ってきて、夕飯の時に、
私「麻酔しなかったんでしょ?相当痛かったんじゃない?」
娘「痛かったよー。でもね、陣痛に比べたらこれぐらい大した痛さじゃないわ!って言い聞かせてた。」
( ̄◇ ̄;)
「陣痛の痛み」とか比較に出す小6っているの?
てか、あの痛み知らないじゃん(笑)
私「まあね(^_^;) 確かにそうよ。あれに比べたら!だって、痛みが何時間も続くんだから。アナタの時は13時間も陣痛だったしね〜。」
娘「そうなの⁉︎  ママ、ありがとう。」
私をそんな思いをしてまで産んでくれてありがとう、という目をしていた娘。
こんな事を言われると思っていなかった。。
この上なくジーンと、嬉しかった一言。
思いがけず感動。
父からの電話、兄からの贈り物、娘からの感謝、身近な家族がキーの一日だったなぁ〜。
そんな事をぼんやり思っていたところに友達からメッセージ。
東北一周の家族旅行に行っていたらしく、
「秋田に行けば岩城町、青森に行けば岩木山、福島に行けばいわき市と、3回もイワキに出会ってずっと岩城夫妻を思い出してた(笑)」
と。
岩木山といわき市は知っていたけど、秋田にも岩城町っていう所があったとは。
急に岩城氏のルーツが知りたくなり、検索を始めました。
秋田は母の地元でおじいちゃんの家がある所なので、まずは秋田の岩城町から知りたい、と検索をしてみたら、
ビックリ!!!
まさにおじいちゃんの家がある由利本荘市の所に岩城町は存在していた!
いちいち夫に実況しながら検索をすすめる。
結局、岩城氏のルーツは古代イスラエルにたどり着きそうな古さ。。
夫の地元、神奈川県小田原市にも関係が深いし、おじいちゃんの秋田では思い切り岩城氏が関わってて、うちの長男、次男のルーツの宮城県の伊達政宗とも関係が近かったし、とにかく驚くことばかりでした。
私「何だかこのメンバー(今の家族)の繋がりとすごく重なるんだけどー!」
とどめが、福島のいわき市にある「大國魂神社
岩城氏の祖が祀られているという。
実は、石垣島時代の亡き親友が大切にしていたという御守りを、島を出る時に彼女の旦那さんから形見としていただいたのだけど、
その御守りがコレ!
↓↓↓
東京にも同名の神社があって、亡き親友は多分東京の大國魂神社で手に入れた物ではないかと思うのですが、それにしても衝撃的でした。
夫「いまお盆だから、ご先祖さんのことに意識を向けさせられてるのかもしれないね〜。」
初めて知った岩城氏のルーツ。
何故か自分の奥深い魂がホッとしたような、スッキリしたような感覚になりました。
久しぶりに目が充血するまで調べてしまった(^_^;)