さよなら、ノンちゃん。

昨日のこと。

午前中に電話セッションをして、その後すぐに娘の歯医者に付き合って、夫と次男へのお土産にタコ焼きを買って帰宅したら、オカメインコのノンちゃんがケージの中で目を開いたまま死んでいた。。

前日まで普通に元気だったのに。
あまりにも急な別れが受け入れられず、しばらくずっと、
「ノンちゃん、起きて!」
「ノンちゃん、何してんのよ〜〜!」
「ノンちゃん、何それ〜〜〜!」
と連発してしまった。
それでも、まだ少し温かいノンちゃんは全く動かず。
目は明らかに生気がなく、くちばしも足も変色して、魂はここにいないという事を私にハッキリと見せている。
そういえば、
哲学の道のベンチで電話セッションしている時に、私の肩にノンちゃんがとまってきたような感覚があって一瞬肩をチラッと見たのですが、もしかしたらその時既に肉体を離れていたのかもしれません。。
裏山に行って、ハルちゃんを埋めた場所の側にノンちゃんを埋めてあげました。
家族の中で私に一番懐いてくれていたノンちゃん。

いつも肩に乗ったり、頭をカキカキしてほしくて甘えたり、とても仲良しだった。

生き物を飼うって事は、いつかは別れが来る事を覚悟していないといけないって事だけど、こんなにも早くその時が来るとは。。
空っぽになったケージの方を、つい見てしまう。
たくさんの愛情を注いでくれたノンちゃん。
ごめんね。そして、ありがとう。
☆☆☆☆☆☆
残り1枠空いてます!
◉おとだま有加のタロット & 瑠璃の数秘リーディング☆ミラクルコラボセッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください