松ぼっくりは送受信機

昨日は午前中から松果体オープンセッションでした。

いやー、皆さん「松果体」についてお詳しいですね〜〜!色々教えていただきました。
今回のセッションは完全に私のリーディングからの情報で行っています。
松果体の周りに見えない次元の多面体シールドが存在していて、それを私のメインガイドであるシリウスのJAHANA(ジャハーナ)の協力の元に光のエネルギーを使って調整させていただいてます。

(JAHANA   夫・画)

JAHANAがメインガイドである事を知ったのは、グレゴリーサリバン氏がアメリカのアダムズ山にいる時に、ECETI代表のジェームズギリランド氏のセッションの仲介をしてくれて、ギリランド氏のチャネリングにより判明しました。

(ジェームズ・ギリランド氏のドキュメンタリー映画「コンタクト ハズ ビガン」)

私自身の松果体についての具体的な知識については、10年位前にエハン・デラヴィ氏の本で読んだ程度だったと思います。
去年、神戸のSOUL familyからいただいた「ホルスの目」カードをずっと持っていまして。。
そしたらこの前の「益田岩船ツアー」でたまたま遭遇した女性が、私のスマホケースからチラッとはみ出ていたこのカードを見つけて、
「あ!!それ私も持っています!」
と言って同じカードを見せてくださいました。
ホルスの目って、松果体のことだったみたいですね!
古代人はこれの重要性について熟知していたのでしょう。
てか使いこなしてた。
テレパシーとか、ココだし。
これからやってくる新たな12,000年周期に向けて、思い出す必要があるのですね。
お客様の声
「今日は、セッションありがとうございました。
次のステップへの第一歩になりそうなワクワク感があります。((o(^∇^)o))」

(昨日の電話セッションは、ここで行いました♪)

さて、今日も猛暑に負けず、「猛暑フェス2018 ハードな未来だよ!リアルセッション」楽しみます(^-^)

(松果体といえば、字の如く松ぼっくり。バチカンの庭にも松果体!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください