上の者

先日、娘とスーパーに向かう道中での会話。
雨が降っていたので二人とも傘をさしていたのですが、娘がいきなり傘をたたんだのでした。
私が娘に傘を差しだすと、
娘「いいよ、ママだけさして」
私「どうして?濡れちゃうよ?」
娘「濡れて雨のばい菌成分を体に付着させないと」
私「え?何それ(笑)」
娘「少し不健康にさせるの。健康過ぎると怒られるから」
私「(笑)誰に怒られるの?」
娘「上の者から」
私「上の者って誰よ?(笑)」
娘「私を生んだ人から」
私「え?わたし?そんな事で怒ってた?」
娘「えっと… ママじゃなくて。ママは私の体を生んだ人でしょ?じゃなくて…」
私「あー、魂の生みの親に?」
娘「そうそう!健康過ぎるから調整してって言われるの」
そんな指示が降りてきてたのかぁ〜。
私が思ったのは、「上の者」は多分、娘という人は天気をも変えるぐらいのエネルギーの強さ(石垣島で近所の人にも言われたことがある 笑)だから、ちょっとエネルギーのボリューム絞ってー、と言われてるんじゃないのかな、と。
それを、少し不健康にして、と言われたと受け取ったのかな。
夫は、「免疫力つけといてー、じゃない?」との見解。
今日も元気に登校ありがとう。
ところで、石垣島に大型の台風が直撃するみたいです。
娘が生後3ヶ月の頃に体験した、最大瞬間風速70m/sの、アレ並み。
夜中に停電した瞬間、ガラスが割れて、部屋の中を暴風が吹き荒れ、朝まで家族で風呂場に閉じこもって難を凌いだアレです。
大難が小難に。小難が無難になりますように。

(石垣島で。台風接近中だけどまだ余裕がある時に、台風レポーターの真似をする子供達。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください