目覚めよう、もう眠っている時ではない。

西日本での豪雨により命を落としてしまわれた方々に、慎んでご冥福をお祈りいたします。

また、被害に遭われた方々、今現在も救助を待っていらっしゃる方々に、一日も早い回復、そして救助を祈っております!
京都はようやく雨が止んで、日曜の今日は久しぶりに青空を見ることができました。
おかげさまでウチは特に被害は無く、みんな無事です。
ここ数日、ずっとTwitterを通して情報収集を行っていました。
昨日は朝から岡山の方々が助けを求めるツイートを見続けていました。
「二階まで水が上がってきています。助けてください!」
「呼吸器をつけた子供と二階に閉じ込められています。助けてください!」
「車椅子のおじいちゃんが二階で身動きが取れずにいます。助けてください!」
などなど。。
差し迫った様子がリアルに伝えられるツイートがどんどん増えていくにつれ、何も助けてあげられない自分の無力さと、また多くの人々の無関心さと、何よりその最中にも災害対策本部を設置しない政府に対して、とても悲しい気持ちでいっぱいになりました。
これが首都圏で起きていたら、対応は違ったのでしょうか。
思わず日本政府に電話をかけようと思い番号を調べましたが、よくわからず。
ホームページには菅官房長官の記者会見がアップされていましたが、全くもって呑気なものでした。
この国は本当に終わった。。
そう実感しました。
これからは、自分の身は自分で守らなければ。
政府をあてにしていてはいけない。
一般庶民が助け合って良い社会をつくっていくしかありません。
西日本で大雨災害の日に、東日本では震度5弱の地震発生。
石垣島には台風8号が直撃しようとしている。
そろそろ気づきませんか?