生と死

今日も雨が降り続き、学校も休校になりました。

鴨川や桂川は氾濫しそうな勢いみたいで、昨夜から気になってTwitterをチェックしていました。
年々、自然災害が激化していますね。
人間の心が荒廃していくことに連動しているのですね。
もはや「生きていくことが大変な時代」に突入したようにも思います。
今回の大雨で、「田んぼの様子を見に行く」と言ってバイクで出かけた男性が川に流されて亡くなりました。
きっと、育てたお米を販売して生活されていた方なのでしょう。
手塩にかけて育てている田んぼのお米の様子が気になって仕方がなかったのでしょう。
お気持ちはよくわかります。
でも、どんなに気になっても、ぜっっったいに、ぜーったいに見に行ってはいけない!
家族の方々も、大ゲンカになっても良いから、何がなんでも見に行かせてはいけない!
この手のニュースを見るといつもそう思ってしまいます。
死刑になる人、川に流されて亡くなる人、崩落した道路から車ごと落ちても命に別状ない人、洞窟に閉じ込められてる子らを救助に行き亡くなる人…
今日は様々な「生死」を考えさせられた一日でした。
その中でもSPECIAL衝撃的だったのは、インドネシアで高波にさらわれ行方不明になっていた女性が、「1年5ヶ月ぶりに」ビーチで意識不明の状態で見つかったことです!
医師の診断によると「命に別状はない」との事!
発見時は、高波にさらわれた時と全く同じ服装。
その女性は、数回にわたり「夢の中で」彼女の叔父さんに居場所を告げ、自分を探して欲しいと伝えていた。
夢で告げられた場所を家族で夜通し捜査したところ、その女性が意識不明で横たわっているのが発見された。
さて、その女性は1年5ヶ月の間、何処にいたのでしょうか????
記事詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください