資金ゼロでお店を始める!

子供三人を養っていかなければならないという身でありながら仕事を全捨てした私は、数日間の休息を取りながら、さてどうしょうかな、と考えていました。

そんなある日、ある友人から電話がかかってきて、今度フリマをやるから遊びに来ないかと誘われました。

彼女は仕事用に借りていたワンルームを引き払うにあたり、そこでフリーマーケットを開催していました。

そこであれこれと雑談し、今日も楽しい一日だった、と帰宅。

後日また同じ友人から呼び出しがあり、石垣島の川平湾で景色を眺めながら話していました。

友人「近くに気になる空き物件があるんだけど、そこを借りようかと思ってるんだよね。」

私「へえ〜。いいじゃない?」

友人「瑠璃ちゃん、一緒にお店やらない?シェアで。」

私「えっ!!いきなり店舗構えるの?私、貯金ゼロだよ?(笑)」

友人「資金は私がなんとか用意するから、経営が乗ってきたらその時から払ってもらえばいいからさ!やってみない?」

彼女はそもそも、女手一つで7年に渡り島の中心街で手描きのオリジナルTシャツとオーガニック雑貨のお店を経営していた人です。

それに対して私はこれまで一度もお店の経営など経験したことがありません。経営するということはどういう事なのかわからず、そもそも雑貨と数秘の店なんて聞いたこともないし、と不安でいっぱいでした。

反面、心の何処かに自分のお店を持つということに対する好奇心もありました。

私「今何も仕事もないし、彼女を信じてやってみようかな・・・」

それが始まりでした。

友人が資金を準備、私からの支払いは後日で良しとしてくれたことで、そう時間がかからない内に賃貸契約を結ぶ運びとなりました。店舗は元々お好み焼き屋さんで、厨房だったスペースは一部油でギトギト。はじめはここで鑑定するのか、と唖然としましたが、もう漕ぎ出してしまったこの船を止めるわけにはいかない、と2人で先ずはひたすら掃除から始めました。その後、床に炭を敷いて場のエネルギーを整え、壁を自然の珪藻土にし気持ち良い空間にし、ペンキを塗ったり家具を買ってきたりと、約二週間の間になんとかお店が出来上がりました。

店舗のスペースの約2/3はTシャツとフェアトレードの雑貨売り場となり、1/3は私のセッションルームとなりました。

これで準備は完了です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください