献花

6月6日は一粒万倍日だったのですね。

数秘では「変化」の日でした(^-^)
その日はあいにくの雨でしたが、ドライビングテクニシャンの友人と2人で宮津の真名井神社に行きました。
真名井神社に行くのは私は今回で4度目ですけど、その内の3回は雨でした(笑)
真名井のご神水を汲みに行ってるのですから、水の洗礼は覚悟しておりますよ、龍神さーん!
雨の平日ということもあり私達の他に水を汲む人の姿はなく、また雨で水量も多くあっと言う間に40リットル汲み終える事ができました。
やはり、真名井のお水はとても体に良いと感じます。
このような良いお水が飲めること、気軽に連れて行ってくれる友が存在すること、とても有難いと思います。
恵みに感謝です。
7日の昨日は、夫と二人で近くの山に苔を少しいただきに行きました。

(注:乱獲はいたしません。むしろ反対です。)

その間、私は裸足になりアーシング。
スマホ、PC の電磁波が体に溜まりまくると、体の調子が悪くなってしまうという事を、アーシングを通してより一層実感するようになりました。
(このお水に足を浸します。サイコー!)
自然の中に入ると、様々な生き物達の生命活動を垣間見る事ができます。
苔をジーっと観察しているだけでも楽しく、たまに苔が話しかけてきたり(笑)
アリがせっせと仕事してる様子や、見た事のない虫を見つけることができたり、全く飽きません。

(カタツムリの赤ちゃん。透けてる!)

苔を採取しながら夫がポツリと呟きました。
「こういう場所で遊んだりしてない子供って、どんな大人になるんだろう…。」
子供と言えば、東京で5歳の女の子が虐待死したニュースを知り、昨夜は気持ちが沈んでおりました。
あの子がノートに書いた内容を読んで、とても辛い気持ちになりました。
虐待って地球上からいつ消えて無くなるんだろう。。
彼女の魂は、本当に勇敢な魂で、とてもとても大きな仕事を自ら選んであちらの世界に戻っていきました。
彼女がのこしたメッセージは、多くの人の心を揺さぶり、この廃れた社会を変えるためのきっかけとなる事を願わずにはいられません。

(彼女に見せてあげたかったお花をこの形で捧げます。)

子供は次世代の担い手。地球の宝。
それを大人は忘れてはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください