聖地と言われる場

雨の水曜日。

昨日も一日中雨だったね〜。
そんな雨の昨日は、久しぶりに車を借りてきて
大量の段ボールたちをクリーンセンターまで運んだ。
めちゃくちゃスッキリ!!
その後、大阪の羽曳野まで運転。
気圧が急降下してる影響もあって眠くてボンヤリする。
気をつけて運転しなくちゃ!と気合いを入れた。
ダルビッシュ有のお母さん、郁代さんが経営するマミーカフェにてお仕事をさせていただき、その後は郁代さんと楽しくおしゃべり♪
郁代さんはまさにビッグマザーであり、ライトな感覚を持ったET SOULであり、話しているとすごく面白い。
彼女は長年英会話を教えているので、どうやって今から英会話ができるようになるのかを聞いたところ、
なるべく短く、少ない単語で、あとは伝えたいと言う気持ちが大切と教えてくれた。
「日本人は外国人を目の前にすると(英会話の)自信がないから声が小さくなっちゃうのよね。
下手でも何でもいいから、それこそ大阪のおばちゃんみたいに元気にはっきりと伝えたら大丈夫なのよ〜」
京都に住んでからというもの、家の近くを大勢の外国人観光客が通るので、徐々に外国人慣れしつつあり苔ポンの販売時にも簡単な会話を楽しめるようになった。
より英会話に興味が湧き、より海外へと意識が向かう。
SNSで外国人とつながっていたりすると、尚更だ。
さあ、最初に訪れる国はどこかなぁ?
パスポートも持ってないんだよね〜笑
楽しい時間もあっと言う間、カフェを後にした私達は、
雨の中、夫のナビに従って京都を目指すも、高速のジャンクションを何度か間違えて気づいたら奈良だったりして、Uターンして高速に乗り直したりぐるぐるグルグルとしばらくの間彷徨う。
無駄な時間と高速代がかかってしまった。。
大阪には極力電車で移動しよう。
どうやら5月からは大阪で個人セッション、講座の機会が増えそうだ。
{6FA25D1E-D7D7-4773-B980-141BA6B7FF57}

(沖縄・斎場御嶽から見える久高島。)

{6CF02DE3-B998-43A2-AEC9-2E45A84791C3}

(5年前、沖縄・斎場御嶽にて)

急に思い出したので、世界遺産・斎場御嶽(せーふぁーうたき)の画像を。
沖縄の有名な聖地ですが、5年前に子供たちと訪れました。
ここから遠くに見える久高島が印象的でした。
斎場御嶽のエネルギーは、石垣島には割と各地に存在するあのエネルギーと同じかなぁ、と感じたのを覚えています。
都会暮らしをしている方がここを訪れると、もっと強烈なエネルギーを感じるのかもしれません。
那覇市内から斎場御嶽までタクシーで来たのですが、駐車場に着くと娘が
「頭が痛い。」
と言い出し、息子達も
「行かないからココで待ってる。」
と言い出し、
結局私一人で入っていくことに。
タクシーの運転手さん曰く、
「敏感な子供さんがここに来ると、よくこうなるんですよ。」
元は男子禁制だったらしく、案内役のタクシーの運転手さんは、入る前に信心深く手を合わせ、道も真ん中ではなく端っこを歩いていたのが印象的だった。
〈コラム〉
世界遺産の斎場御嶽が男子禁制になる!?
様々な言い伝えや決まり事はあれど、単にムーの時代の巨石なんですよね。
12,000年の間に人間が作ってきた逸話って、何処にでも存在しています。
また訪れたいなぁ〜〜。