超古代文明は未来文明なり。

最近では、我が家の息子たちさえも
「進化論は間違い」
と、気付き始めた様子。
人間が猿から進化したのならば、その進化の途中の姿形をした生命の骨などが出てきてもおかしくないんだけどなぁー。。
「それは、もうすぐ発見できるはずだ。」
と、100年ぐらい学者が言ってるらしい。
失われたムー大陸、アトランティス、レムリア…
15,000年前の遺跡が世界中に残っているのにもかかわらず、なぜ超古代文明は認められないのか?
認めてしまったら学者の地位、名誉にも影響しかねません。
地位のある人にとって、それを失うことはこの上ない脅威でしかないでしょう。
超古代、国境なんていうものはなく、地球が一つの文明であったとしたら。。
例えばスフィンクスがその時代の遺跡だったとしたら、そしてそれは事実だったとしたら…
もはやスフィンクスはエジプトという国の財産では無くなるわけです。
何がなんでも超古代の遺跡だと認めるわけにはいきませんね(笑)
超古代文明は未来文明。
文字を使わず、意識の使い方を熟知した精神性の高い調和文明。
高度な技術と天文学。
地球の歳差運動のサイクルにより、一つの文明が終焉を迎え次なる文明が始まる時、超古代文明として存在している文明は、新文明として復活する。
古代文明を知ることは、未来を知ることである。
私はゲームは一切やりませんが、先日夫から教えてもらった「ファイナルファンタジー7」というゲームのストーリーが、「本当の事」のような感じがして、魂ブルブルきてしまいました。
{7627477D-34F9-40E2-848B-D2CEB90271E6}
{E5417B6A-D495-4DD6-9E36-820B15FC568D}

(ボリビアの古代遺跡 推定15,000年前)

【謎の超古代遺跡☆益田岩船ツアー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください