四人展へ

石垣島時代の友人で、旦那さんが革細工職人、奥さんがヒーリングアーティスト、そして3人の子供達という、とってもほんわかした大好きな家族がいる。

その名も「梅田家」
ある日夫が、数秘術の専用ノートを作って販売してみたいと言い出し、それにつける革のノートカバーも作りたい、と。。
革と言えば「梅田家」。
早速メールで試作品の依頼を出した。
快諾、対応してくれた。
そしたら、ちょうど翌日から京都高島屋で梅田家による「四人展」という展示販売が開始されるというタイミングだった!
{437EC30A-6982-40AC-A4C0-50F51AD83F2E}
梅田家の夫・要さん&妻・まゆちゃんの二人は京都までは来れないが、要さんのお父さんで陶芸家の純一さんと、お兄さんで銀細工職人の竹生さんの作品も展示され、期間中はお二人とも高島屋にいらっしゃるらしい。
(ちなみに、お兄さんの竹生さんという名前は、琵琶湖に浮かぶ「竹生島」から名づけられたのだそう。)
それで、昨日高島屋へ行ってみた。
以前、お父さんに「苔ポン」の器をたくさん作っていただいたこともあり、一度お会いしてご挨拶したかった。
{9D2F7DD9-BFE0-42A5-97EB-BD7DE4236AF4}

(器・梅田純一氏)

90年代バブルの世界にタイムスリップした感覚を覚える京都高島屋へ、いつものボサボサでたどり着く。
6階に「四人展」はあった。
{837A9465-E0DD-4D9A-A621-2E68CC97FD0F}
お兄さんの竹生さんがいらっしゃったので、ご挨拶しながら梅田家について色々話したり、作品の説明を聞いたりしながら、お父さんの登場を待つ。
{69E9E880-880B-44BE-91D7-7AAF3F0CB55E}

(要さんの作品・豚革の長財布。赤がキレイ)

{3F87C54F-C176-4224-BF64-860F6D8DD0AD}

(まゆちゃんのヒーリングアート原画。全て色鉛筆で描いてある!)

石垣島のお店でよく目にしていた物が、目の前にある不思議さ。
懐かしい。。
お父さん登場!
ご挨拶したらすぐに石垣島のまゆちゃんに電話して、代わってくれた。
久しぶりの声に、思わず長話したくなったけど、お父さんのケータイからだったから、遠慮しておいた(笑)
お父さんも、お兄さんもとても親切に対応してくださり、梅田家の愛を感じた。
そう、この空間に漂う愛の波動。
だから石垣島にいる梅田家に遊びに行くのが大好きだったんだよね。
あったかい。
一枚、すごく気になるお皿があったので、お父さんに聞いたら、2014年に開催された大皿100枚による「組絵皿展」の時の最後の一枚なのだとか。
{367B4C22-9998-403B-8440-FEDCDA0E31A2}

(これ全部お皿!)

それで、超良心的なお値段で譲ってくださいました!
{F88BA4AB-5BC5-4A4D-9F0E-153666E680B7}

(コレです。)

< div>

「そうめん入れて使ってね。」
と、お父さん。
とてもとても、そうめんなど入れる勇気ありませんがな!
私「飾っておきます!」
もう一枚、我が家にはそうめん入れられないお皿があるのだけど、、、
{791F716A-D437-4BE0-BEF5-E0258D38BF3A}
このお皿も、飾る用だよね。
銀細工の竹生さんの「クラゲ指輪」もヤバかった!!
四人展は、今日まで高島屋6階で開催してます☆
良かったら、梅田家を見に行ってください!
いやー、高島屋暑かった〜〜(^^;)
◉梅田要ホームページ
http://www.kaname-pigleather.com/
【数秘術講座オリジナルテキスト特別販売】
https://space8000k.com/numsem_text_sale/
【数秘術グループセッション@大阪】
https://obp-ac.osaka/event/2184.html
【SPACEやおよろずホームページ】
https://space8000k.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください