ヒーリング

2017年10月2日(月)
「4」平穏無事な一日を過ごす日。
10月に入り、あの7月8月の大変過ぎる世界から、スーッと抜け出したような感覚を覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
季節の変わり目で夏の疲れが出やすい時でもありますが、9日の満月を境に体の不調も治っていくようですので、無理せずやり過ごしましょう。

さて、昨日は10月最初の日。
先日哲学の道で偶然出会ったチェコスロバキア人のルーシーと、平安神宮の大鳥居で待ち合わせ。
あれからメールでやり取りをしていて、その流れで彼女がヒーリングをしてくれることに。
平安神宮は日曜日ということもあり、人が多く騒がしい。
ルーシー「もっと静かな場所がいいわね。知恩院にしない?」
いやー、通訳もいないし、こうなると不思議なもんで、英語で会話できちゃうものなんですね(笑)
カタコト英語でおしゃべりしながら知恩院近くの空き地にたどり着くと、芝生に彼女のストールを敷いて、仰向けに寝ました。
ここずっとハードスケジュールで過労気味だった私。
この時も胃が重く全体的に倦怠感がありました。
が!!!
ルーシーがヒーリングを始めると、胃の痛みがスーッと消え、一気に軽~くなったのでした☆
あぁ、宇宙のサポーターたちは壮大な演出をしてくれたものだな、と。
このヒーリング必要だった。
でも、わざわざお金払って受けにいく余裕がなかったから、この出会いが来たんだな、と。
ルーシーに再会を記念して、仏像メモをプレゼントしてお別れした。
ルーシー「愛する魂、また会いましょう!この人生で会えなかったら、来世でまた!」
世界40ヶ国を旅するルーシー。
ペルーのシャーマンや、インドの聖者などにヒーリングや瞑想を教えてもらっていた。
アフリカの子供たちに瞑想を教えたり、刑務所の囚人たちに瞑想を教えたり、そんな活動もしていた。
素晴らしいヒーラーに出会えたことに感謝☆
その後は、岡崎神社に移動して石垣島のお客さんと電話セッション。
セッションがスタートすると、雅楽が始まり、花嫁が目の前に。
私「おめでたいタイミングですね(笑)」
ヒーリングに、神社で花嫁。
なかなかの10月のスタートでした^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください