最強のツワモノ

今日は友人のumicが企画した
「caoさんと贈る♪パートナーシップお茶会」
に参加しました。
caoさんとは初めてお会いするのですが、以前からumicを通じて、彼女がいかに面白い存在か?を伺っていたので、本人に実際に会えるのをワクワクしながら待ち望んでいました。
平安神宮近くの蔦屋の二階にある「モダンテラス」でランチをしながら、7人で談笑。

(話が面白すぎて、ランチの前菜しか撮れていない 笑)
パートナーシップというテーマに全くと言ってイイほど関係なく、caoさんの「事実は小説より奇なり」に値する人生エピソードを、笑いいっぱいで聞く会となっておりました。
聞いた話をうまくまとめるのがド下手の私。
umicのFacebook投稿より、シェアさせていただきます( ̄▽ ̄)
☆おもしろその1
caoさん12歳、中学に入る前の春、親に北海道に行くといって(笑)ひとりNYに飛び立つも、着いてすぐに追いはぎにあい、セントラルパークでホームレスのおばちゃんとしばし暮らしつつ、帰りの航空券代を稼ぐためストリートパフォーマンスをしていたが、結果日本大使館に連行される、巻。笑
☆おもしろその2
保護地域の森に住むチンパンジー数匹に囲まれながら一晩をすごし、地球にふりそそぐ素粒子の変化や森の変化について談義する、の巻。
その他にも、caoさんの子どものころのハナシや、いろいろな体験談、「苦しみ・痛み・悩みなどなどは、魂的には蜜の味(肉体がないとできない体験だから)」、龍的な世界観って?、スピ的依存関係について、などなど話題はつきることなく、ランチ後は、時間のある人たちでcaoさんの解説つきで東山動物園も少し散策しました。
散策中、あるゴリラさんからも依頼を受けたcaoさん。笑
世界規模で捜索網をはるそう・・・w
caoさんとゆく植物園♪とか、水族館♪とかも
たのしそうだな~~~~と妄想しています。
次?のタイミングはいつになるのか未知ですが、
興味のある方はぜひぜひ。
生きる勇気と元気がわいてくることまちがいなし♪です^o^
ひゃ~~たのしかった!!
umic転載ここまで。
caoさん曰く、動物園の動物たちは自分がスターである、ということを自覚し、アピールしているのだとか。
私はてっきり、檻に閉じ込められ、見世物にされた可哀想な動物たちなのだと思っていましたが、とんだ思い違いだったみたいです。
確かに、私たちがキリンさんのところに集まって見ていると、一頭のキリンさんがこちらに歩いて来て、カッコよく流し目でアピールして去っていき、
帰り際に丹頂鶴の前を通り過ぎようとした時に、一羽の鶴がこちらを見ていたので手を振って去って行こうとしたら、
いきなり大声で鳴き声を上げたのでした。
caoさん「行かないでよー、って言ってる(笑)」
なるほど。
新しい動物園の楽しみ方を知ってしまった(笑)
ちなみに、ヘビは殆ど心を開かない、話してはこないそうです。
あと、caoさんのお話で一番印象的だったのが、彼女が生まれてくる時の記憶。
caoさんの幼少期からのストーリーを聞きながら、「ワンダラーっぽいな~~」と思ってたんだけど、その生まれてくる時の記憶の話で確信。
ワンダラーとは、、、
「ワンダラーとは、地球の次元上昇を手助けするため、地球に転生して来た魂のこと。
愛と光を照らし出すことで自分たちのミッションを遂行するため、ライトワーカーになる人も多いです。
ワンダラーの魂は高次元の惑星から来ている存在ですが、この地球での学びを経験するため、三次元の肉体を持ちました。
ワンダラー(漂流者)という名を持つのも、そのためです。」
この兄に対してこの父母だけじゃ対処できないだろうなー。
私がここに助けに行かないと!
と、思った瞬間、そのお母さんのお腹の中に宿り肉体を得てしまったのだとか。
caoさん「本当は別のところに生まれようと思ってたんだけどね~~」
そんでもって結局のところ、この世は何でもアリ。
自分が信じたもの、見たい世界、体験したいことを自由に選択し、その意識が現実となっているってこと。
だったら私は何でも面白がって楽しみたい!
と、再確認。
史上最高に面白い時間でした☆
caoさん、またお会いしたいなぁ~~!

1 個のコメント

  • こんにちはーっ
    その節はお世話になりました!
    セッションのお申し込み者さんから
    この“caoさん”って、caoさん??
    と、質問されて、ブログを閲覧させていただきました。
    (((*≧艸≦)ププッ
    ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。