神代文字との出会い

2017年9月22日(金)
「対話」の日。
コミュニケーションを諦めない。
「言わないでおこう。」「どうせ通じない。」
の世界に逃げない。
皆んなそれぞれ違う考え方をしている。
だからこそ、伝えよう。
話を聞いてみよう。
そこから新たな絆が広がる。

滋賀の湖西エリアに行ってきました。

ヒーラーのともみちゃんと安曇川駅で待ち合わせして、最初に連れて行ってもらったのが、「安閑神社」
駅から割と近かった。

神代文字が刻まれた巨石があると知り、この目で見たい!とワクワクしていましたが、前回の六甲山の時と違って、その石は普通の民家の前に置いてありました(笑)


古代臭プンプン!
これが橋に使われてたかもしれないそうです(°_°)
安閑神社も、めっちゃこじんまりと。。


(手水も蛇口で出すタイプ)

龍は、わかる。

んっ!?

ゾウ!???
ルーツはインドか?

神代文字の石の隣に置いてある石は、その昔、怪力女がいて持ち上げた石だというけど、真実から遠く感じるので軽くスルー。

しかし、あんなマイナーな場所に文字入りの古代遺跡がちょこんと置いてあるなんて、、、。
神社のゾウも気になる。
古代インド系???
調べなくては!
その後、ランチに見つけたお店は、奇しくもインドカレー屋さんなのでした(°_°)

(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください