めぐる月の奇跡☆

2017年9月19日(火)
「11」直感の日。
サードアイ(第六チャクラ)を活性化。
インスピレーションを受け取る、それを信じる、行動に移す。
これから先は、自分の「カン」が頼りになっていくでしょう。
「カン」を磨いて、鈍らせないで。
思考に偏り過ぎた地球の人々。
全ての機能が止まったら、最後は「カン」。

さて、昨日は滋賀・東近江市にて「めぐる月の祭典」というイベントに出店しました。
ゆる~い感じのマルシェといった雰囲気で、台風一過の晴天にも恵まれました。

(ガリ版伝承館という、気持ちのいい建物内で出店。)
今回初の試み、「宇宙の交差点」講師3人によるセッション!

(アジュガさん、私、オット)
あまりのゆる~い感じに、アジュガさんとお喋り大会に(笑)
アジュガさんが淡路島に行った時の話が面白くて、ワーワー言いながら大騒ぎ。
お一人セッションに来られた方のセッション後に、インドカレーを買ってきて堪能していると、
関西大学の比較宗教学を研究されている学生の方がいらして、約1時間近くインタビューに応じました。
カレー食べながら( ̄▽ ̄)
素晴らしい研究をされている方で、宗教とスピリチュアルとの違い、スピリチュアルといっても白黒ごっちゃになった、絡まりついてしまっている糸を解いていく、といったスタンス。
とても興味深かったので、論文が出来上がったら読ませていただく約束をしました。
3人「いや~~、すごかったねー。コーヒーでも飲んでひと息つこうか!」
と、コーヒーを飲んでまったりしているところに、、
いかにも少年野球の監督が、試合の帰りに迷い込みました、といった外見の男性が現れた。
なんでも、一週間前に何処かのイベントでセッションを受けたのだけど、答えが聞けないまま終わったので、今日のこのイベントにも出店されると聞き、続きをみてもらいたくてその方のブースを探してまわっているのだとか。
でも、何処にもその方は見当たらない。
3人「せっかくですから、どうぞ、どうぞ!」
これまた意味深な出会い。
その男性、とにかく声が大きく、漫才師のノリでよく喋る面白~い人。
私「お仕事に迷われているなら、漫才師でいいと思います(笑)」
その男性、実は占い師!
しかも、18歳の時から占い師をやっていらっしゃるのだとか。
男性「占い師が占いみてもらいます~~!?(笑)」
と、自分でツッコミ。
そのセッションが終わったタイミングで、さっきの比較宗教学の方が再びいらして、なんとなーく友達も集まってきて座談会に。
楽しかった~~!!
最後の最後に占い師の男性が、オットに
「銀色の上着をワンシーズンで良いから着てください。あれーっ!?というぐらい上向きになるから。」
と、言い残して帰っていきました。
あ、この男性、これ言いに迷い込んできたのね!
早速、シルバーのアウター探し(笑)
皆様、乞うご期待( ̄▽ ̄)

(次男の部屋に「神の才能」。。頭に巻くらしい。。。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください