サウナの梅湯へ

今日も早起きして子供達を見送った後は、夫と朝カフェへ。
「ウニ」の生態をググるとスペーシー☆なので、色々と調べたり話したりしているうちに、
夫「ウニ食べたい。」
ということで、バスに乗って四条まで行き回転寿司へ。
ウニ、水槽の中に沢山いた(笑)
すごく久しぶりに食べたけど、美味しかった( ̄▽ ̄)
「涙巻き」というメニューがあり、何だろう?と思って頼んだら、わさびのみじん切りの細巻きが出てきた。
食べたらカラダから邪気が全てぶっ飛ぶほどの辛さで、確かに涙が出た。
夫はむせていた。
お店を出たら、行列ができていてビックリ。
人気のお店みたい。
その後、川沿いの道をてくてく歩いて銭湯へ。

その名も「サウナの梅湯」

めちゃくちゃレトロで可愛い銭湯。
まだ開いてなかったので、すぐ近くのカフェでお茶を飲みながら時間を潰す。
カフェのオーナーさんが、梅湯について色々教えてくれた。
梅湯は数年前にオーナーの老夫婦が店をたたもうとしたのだけど、梅湯ファンの若者が後を継ぎたいと名乗り出て、現在その若者がイイ感じにリニューアルしてがんばっているのだそうだ。

(入口の前に置いてあるレトロな椅子。)

午後3時30分になると梅湯が開いた。
女湯は、外国人の女の子と私の二人だけ。
お互いすっぽんぽんで、ニッコリ。
ジェットバス、サウナ、電気風呂、薬湯、水風呂と、全部制覇した。
一番気持ち良かったのは薬湯。
お湯は紫色だった。
サウナには1分半ぐらいしか入っていられなかったけど、効果はバツグン☆
サウナ好きの夫にずっと勧められていたけど、のぼせてしまいそうだし、そもそもおじさんが入るもの?となんとなく拒否し続けていたサウナ。
それが今日1分半入ってみただけで、虜になりそうな予感(笑)
水圧が苦しい湯船につかるよりもライト☆
何より、サウナから出てすぐに入る水風呂が気持ちいい!
ととのうー!

(サウナの漫画「サ道」)
冷え性のカラダが足の先までじんわりポカポカ~~~~( ´ ▽ ` )
その後の湯冷めが皆無~!
そうこうしているうちに、だんだん混んできたので風呂をでた。
脱衣所には大きな鏡が。
なんだかそこにはツルツルお肌に変身した自分が映っている!
先に出て、喫煙所になっている庭で待っていた夫のところへ。

(可愛い池の中庭。)
夫「あれっ!なんかすごく元気そう!若返ったね!」
あぁ、梅湯さん楽しかった!
京都ライフの新しい楽しみができた気分。
もっと色んな銭湯に行ってみようっと☆

(靴箱が可愛い。カルピス懐かしい。)

(駄菓子も売ってる☆)

(入り口のタオル。)


今度は「塩サウナ」がある銭湯に行ってチャレンジしてみたいと思いマス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください