再会

私が20代前半の頃に、仙台で派遣社員として働いていた会社の同僚夫婦☆
その大メンターの夫婦と、10年以上ぶりにまさかの京都で再会!
皆んなでベジカフェでランチすることに☆
その夫婦には娘ちゃんが二人いるのだけど、そのうちの長女ちゃんがこの春めでたく京都大学に入学されたということで、入学式のために家族全員で京都に来ることになったのだった。
小さかった娘ちゃん達もすっかりお姉さんになり、今回は次女ちゃん(高1)もランチに同席してくれた。
大メンター達、全然変わってない!!
いち早く布ナプキン作ったり、半農半Xライフを実践していた大メンター夫婦。
私はそんな大メンターの暮らしに、いつも素敵だなー!すごいなー!と憧れていた。
その素敵な暮らしも、東日本大震災で「停止」を余儀なくされ、私もその頃石垣島でシングルマザー生活に奮闘していたこともあり、お互いその後の暮らしを知る事がなかった。
まさか京都で再会できるなんて、夢にも思わなかった。
なので、すごく楽しみで、会ったらランチのメニューを選ぶ暇さえ惜しいぐらいの勢いで話しまくった。
夫は、大メンター夫婦の旦那さんと話が合うだろうなーと思っていたのだけど、予想通り。
というか、予想を超えて、目がハートになっていた(笑)
東日本大震災の時に、京都に一時避難していたメンターは、なんと「めおとセッション」をしていた大学の学生寮に宿泊していたというのでビックリ。
さらに、次男が通う一風変わった高校のことも知っていた。
そこの卒業生が、大メンター夫婦が半農のXライフを実践していた頃に家に宿泊していた事があるのだとか。
なに、そのツナガリ?
ご縁ある人とは繋がり続けるものなのですね。
大メンター家族のこれからが更に楽しみ☆
また、ゆっくり話したいな。

(お土産にいただいた、懐かしの仙台銘菓「萩の月」)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください