修行の日々

早朝4時にいつもの永観堂の修行の声で目を覚まし、トイレに行ってまた寝たら、すごくイヤーな夢を見続け、また10時の修行の声で起きた。
今日は友達と10時にカフェで待ち合わせしていたというのに、起きたら10時。。。
慌てて友達にメール。
私「いま起きた!」
友達「おはよう(笑)」
そのまま着替えてカフェに向かおうとしたけど、
「ちょうど洗濯物干してなかったから、11時でいいよ。」
と、女神のお許しをいただき、11時までに支度して向かった。
娘の自転車を借りて出発したのだけど、サドルが低くて、娘がずっと後ろから
「変~!変~!」
と叫んでいた。
哲学の道を通るも、まだ咲かない桜見物の人々でなかなか進めず。。
何とか到着。
友達はまだ来ていなかった。
その後、ランチしながら2時間ぐらい話して帰宅。
夫のLINE
「苔ポン、あと50個欲しいって。」
大原・三千院の「洛禅」さんというお土産屋さんに置かせていただいている苔ポンが、あと残りわずかとのことで追加注文をいただいたのだった。

(ヤマモミジの芽が出た苔ポン。)
急いで帰宅して、夕方まで苔ポン作り。
オカメインコのハルちゃんも、お腹をすかせて鳴いたり、満腹になって寝たり、を繰り返している。

苔ポン、キリの良いところで作業を終了。
家のそばの無人販売も6個売れていた。
ありがたい。
(1個盗まれてたけど。。。)
今夜もYouTubeで「NASAに勤務している方が、今話したいこと」の続きを聴きながら魚を焼く。
小松菜と油揚げの煮浸し、大根の味噌汁も作る。
長男がバイトから帰って来たので、一緒に夕飯を食べる。
長男「この家の皆んな、最近寝れてる?」
私「寝れてない。今朝も4時に修行で起こされた。」
と、やはり話題は永観堂の修行の音のこと。
私「午前4時の修行だけでも、無言で水かぶる、っていうのにしてもらえないかなぁ~。」
次男「修行のおかげで時間がわかっていいんだけどね。10時とか。」
午前4時、10時、午後3時の一日三回行っているみたい。
これ、一体いつまで???
こちらも修行ですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。