生きていることは尊い。

今日は娘の学童クラブの修了式。

来月から5年生だし、もう充分。
5年生になったら、水泳を習いに行きたいという。

(ブルーライトカットめがね。)

私もこの春から筋トレを始めようかな、と(笑)
昨日、友人の紹介でエナジー整体に行ってきたのだけど、その整体師さんから、
「細~い筋肉で頑張っているので、だいぶカラダは疲れてますよ。
あと3キロ体重を増やしてください。脂肪ではなく筋肉を増やすんです。」
と言われたので。
ヨガは無理なく筋肉を増やせるらしいけど、私はなるべく水の中に入っていたいので、水中ウォーキングとか水中エアロビクスがいいなぁ。。
家族にも、ウォーキングをやる、と言ったら、夫と娘もやりたいと言っていた。
飽きっぽいこの私が筋トレだなんて、一体いつまで続くのやら。
こう見えても、小4~中3の6年間バスケをやっていたのでスポ根は嫌いじゃなかったりするし、何より心の友である黒柳徹子さんが80代になった今もスクワットを続けているというのだから見習わないワケにはいかないじゃないか。
夫が買った「エースをねらえ!」を読んでいるせいもあり、スポ根の世界にムズムズしているのかも(笑)
さて、栃木の雪崩で高校生が何人も亡くなった件。。。
本人も家族も、まさかそこで人生を終えるとは夢にも思っていなかったことだろう。
「親より先に死んじゃ駄目だと思う。」と、亡くなった高校生のお父さんが言ってた。。。
そして、今日の娘の学童修了式の最中に、いつも石垣島から電話セッションを受けてくれているAさんからメールがきて、病気療養中だった弟さんが旅立ちました、との報告が。。。
実は数ヶ月前に、その弟さんと電話セッションしていたので、すごくすごくショックを受けた。
人はいつ死ぬかわからない。
「生きていること」は尊い。
それだけで奇跡だと思う。
「当たり前」のことは、実は「当たり前」なんかじゃない。
私たちはその事を忘れて、ずっと変わらず、物事は、人生は続いていくものだと思い込んでしまっている。
悔いなく生きよう。
肉体を離れても魂は永遠に生き続けるけれど、今回の人生、せっかくだから悔いなく生きよう。
家族を大切に。

(目に貼るシリーズ。ハート。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。