生きるって

昨夜、夜中にお風呂に入りながら、
「生きるって何?」という疑問を、繰り返し自分に投げかけていた時に、何かがスパークした。
「何処を見渡しても、カネ、カネ、カネ!
子育ても人の目ばかり気になってて、どう見られるかビクビクしたりしてさ!
生きるって、こんなに窮屈で、ちっぽけなことじゃない!!
人間が生きるってことは、もっともっとダイナミックなことなんだよ!!
自然と一体になって、大きなスケールで、太陽の光を両手いっぱいに受け取って、命を爆発させてこの人生を生ききるってことなんだよ!!
何かが間違ってる!
皆んな、いつの間にかおかしな方向に引っ張られてしまってるんだ!」
なんていう思いが内側から吹き出してきて、布団でゴロンと横になっている夫に向かって、その思いをぶつけた。
夫はムクッと起き上がり、静かに私の演説を聞いてくれた。
夫「うん、うん、そうなんだよ。
それに気づいたんだね!良かった!」
私「もっと自分の体も魂も信用しなきゃ!生きるゾ!」
そして翌朝、自分が脱皮したかのような感覚になってて、昨日までの私は遠い過去の私みたいで、新しい世界に身を置いてるような気持ちになったのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください