SMAP

今朝は雨。
学童クラブに行く娘にお弁当を持たせて見送った後、FacebookやTwitterでスマスマの最終回の様子を観る。
最後に「世界で一つだけの花」を5人で熱唱。
中居君が後ろを向いて泣いている姿を観て、私ももらい泣きしそうになった。
テレビを観なくなってから二年経つけど、それまでの長い間、SMAPには本当に楽しませてもらっていたから。。
「世界で一つだけの花」は、私が十二指腸の腫瘍を切除して入院している時にヒットした曲で、病院のベッドで繰り返し聴いて勇気をもらっていたので、特別な思いがあるのです。
宇宙の唯一不変の法則は、
「変化しないものはない。」
だから、仕方ないよね。
ありがとう、そしてお疲れ様でした。
2016年、やっぱり「完結」だよねー。
SMAPの解散は象徴的。
来年、世の中はますます混沌としていくのだろうけど、個人的には楽しみな感じがしています。

(夫からのクリスマスプレゼント、R2D2の目覚まし時計。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。