冬至

今日は冬至。
ついに2017の流れが動き出しました。
魂に沿って生きること。
意識の目覚めが求められてきます。
これから、色んなことが起こります。
子供たちって、私よりずっと大人、というか意識高い魂なんだなぁ、とあらためて思う。
昨日は何となくこんな会話になった。
長男「お互いの中にある正義がぶつかり合うから戦いになるんだよ。
それなら相手に正義を持たせてあげればいいじゃない。
相手はそれで満足するんだから。」
私「そうすることで、後から何か自分にとって良いエネルギーとなって返ってきてたりする?」
長男「そうだね、返ってきてるんじゃないのかなぁ~。」
私「それでも心の中では怒りが出てきたりしないの?」
長男「なんか自然に消えていくんだよね~(笑)」
さて、五井野博士の本、一気に読み終えた。
大陸が沈む時、地底から月へ脱出できる。
月は銀河系から脱出できる。
金星に移住すると寿命が1000歳になることができる。
完全にオカシイ人の話みたいですが、五井野博士は真剣に計画しているみたいです。
それは人々がニュートンの重力理論が間違いであることに気づくことで、理解できることだと。
ニュートンの万有引力の法則は確かに間違いらしいですね。
これに関する本はたくさん出始めています。
支配者層は皆んな、ニュートンの重力理論が間違いであることを知っていながら、人々に本当であると思い込ませておくことで都合よくこの世を支配しているのだと。
私も最初は金星に移住して住めるのか?と疑問でしたが、このニュートン理論の信じ込みから自分を解放し、五井野博士の伝えている事を何度も想像しながら読んでみると、多分それ可能だわ、と思えてくるのです。
五井野博士は木星人に会っているそうですが、その話も面白かった!
とにかく、この2016の年の瀬に、ナウシカや五井野博士の本を読みながら、ムー大陸と金星という二つのキーワードを意識させられていることは確か。
何よりこれからは人との繋がりこそが財産であることを実感させられていくのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください