来年へ向けての動き

今朝は寒くて目が覚めた。
スマホの天気予報を見ると、現在の気温2度って。
娘も起きてこないので部屋に起こしに行った。
今年もあと19日。
「早く2016年が終わって欲しい。」
と、何人かの口から出た言葉。
そう思ってるのは私だけじゃないんだ?(笑)
今年は本当に色々あったからなぁーー!
身の回りの諸問題やら片付けがまだある方は、21日の冬至までにお済ませください(笑)
今月後半の大仕事は、夫の友人に私の友人を紹介すること。
いわゆる「お見合い」ですね(°▽°)
2016年の最後はドカンとめでたく終了して欲しいですo(^-^)o☆

さて、土曜日は夫と大阪に行って来ました。
大阪の造形作家の友人が、京橋のOBPアカデミアで造形粘土塾を開講している関係で、来年から苔ポンのワークショップを開催してみないか?と声をかけてくれたので、その打合せと下見に行ったのです。

担当者さんが苔ポンをとても気に入ってくださり、話はどんどん進んでいきました。
話の流れで数秘術のワークショップも開催させていただけることに(°▽°)☆

(OBPアカデミアからの夕日。大阪城も一望。)

数秘術は1月31日、苔ポンは2月4日開催予定です。
詳細は決まり次第ご案内しますね!
それにしても、2017年「新時代の始まりの年」らしい流れがやって来てますなぁ~。
来年がとても楽しみですo(^-^)o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。