消えたシーサー

下宿していたRのお母さんにいただいた小さなペアのシーサーを飾っているのですが、夫の手がぶつかって2つ落としたんですけど、直後から右側のオスのシーサーが何処をどう探しても見つからず。。。

私「消えた!?」
夫「そんなことあるわけないじゃん、何が何でも見つけてやる!」
しかし、どうしても見つかりません。
もう片方のシーサーなんて、飾っていた棚のすぐ下に転がっていたのに。。
私「やっぱり消えたんだよ。テレポーテーションしたんじゃない?(笑)」
夫「何でそれがシーサーなんだよ?しかも片方だけ。」
その夜、「あった~!」と、消えたシーサーを見つけた「夢」を見ました。
翌朝、目覚めてすぐに夢で見た場所を探すも、やっぱり見つからず。
入浴中に、どうして消えたの?と心の中で聞いてみると、
「いたずら」
と。。。
イタズラって??
はっΣ(‘???’)
夫のメインガイドさんって、シリウスの獅子族の人で、しかも男性だったじゃないか!?
その名も「BACOL」バコール。
以前、アメリカのアダムズ山の麓にいるコンタクティーのジェームズ氏に遠隔セッションしてもらった時に伝えられた、夫の高次元メインガイド。
この日に行われた、グレゴリー氏のホログラムワークでも、最後のグループセッションでチャネリングしてきた存在。

グレゴリー氏「バコールがこの場をサポートしてるね~!パートナーも一緒よ(笑)」
夫のガイドさんだー(°▽°)と内心喜んでいた私。
そうか、なるほど!!
シーサーといえば、獅子!
しかも、消えた右側のシーサーはオス!
仕事が忙しくてホログラムワークに参加できない夫にプレゼントされた、愉快な宇宙存在からのメッセージ(°▽°)
「あなたがどんな状況であれ、いつも見守りサポートしています☆」
じゃあ、夢で見つかった、っていうのは何なの?
それはもちろん、オスの獅子は3次元じゃなく、「別次元にいますよ」のサインじゃないですか!
シリウス獅子族は7次元存在ですからね☆
じゃあ、どうして「消える」なんて事を??
「そのぐらいやらないと、あなた達はこちら(高次元)に意識向けないでしょう?」
すごーい!完璧過ぎる演出☆
恐れ入りました(^。^)

そういえば、ホログラムワークでのグレゴリー氏の話す内容が、時おり「七次元よりの使者」に描かれている内容と一致していたりして、ビックリしてしまいました。
バコールも7次元存在だし。。。
「地球はいま、銀河の周期から大幅にズレていて、計画通りに進んでいない。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください