胃カメラの恐怖

入院5日目。
まだ点滴断食☆

午後から大の苦手な胃カメラ検査。
胃どころか、2メートルのカメラを口から小腸まで突っ込むという荒行。

何回も経験済みですけど、毎回子犬のようにプルプル震えてしまいます。

今回も案の定、喉の麻酔のスプレーのかかり具合が足りない!と看護士さんにワガママを言って2度かけてもらったり、

口にくわえさせられてたマウスピースを震えてカタカタいわせながら、

「私、震えてます。」

と、わけのわからない宣言をしてみたり。

恐怖のあまりに困ったちゃんになってしまったのですが、

眠くなるという麻酔☆

この救世主により、がっつり眠らせていただき、気がつけば終了しておりました(笑)

イッちゃってる目で夫の姿を探し、ロレツの回らない口調で

「どうらったのかなはぁ~?」

と聞くと、

夫「何でもないって」

私「えっ!なんれもなかっつぁの~?」

ヤッター!!!

これでゴハンが食べられる(^o^)

何日ぶり?

先生「明日から食事しましょう」

おお、神よ(T_T)

全てに感謝☆

ありがとうございます。


(夫のお手製、オムハヤシ。娘の好物☆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください