進路

某美大のAO入試に落ちた長男。
夫に弟子入りすることになった。

夫「わざわざ借金して大学行かなくても、俺が2年でものすごく絵が上手くなるようにしてあげるよ。」

そう、気づけば目の前にいつも美術のプロがいたのだ。

無料で教えてもらえるのだ。

・・・ということで、毎日デッサンを描いては夫に指導を受けている長男。

私はその様子を感慨深く見守っている。


(長男の教材用にと、PC上で模写を描く夫。)


(映画「シン・ゴジラ」の市川実日子。)

さて、お次は中3受験生の次男。

今日は私学の高校の合同説明会があり、次男と二人で行ってきた。

高校は三つの高校しか無かった石垣島とは別世界。
どのブースを回っていいのやら?というぐらい、私学が多いのだ。

京都の私学の歴史は古く、とても盛んなのだとか。

ユニークな特色ある高校もたくさん。

でも、偏差値高いのよ(^_^;)

そんな中、以前から気になっていた高校が一つあり、説明を聞きにその学校のブースへ。

説明してくれた先生は、何の因果か、沖縄から単身赴任中の先生だった!

さらに、学校の教育理念やカリキュラムの説明を聞いて、次男が3年間で成長できる学校はここしかない!と思った。

宗教じゃないんだけど、瞑想する時間があったり、マインドフルネスで給食を食べたり。

私「どう?」

次男「いいかも。」

芸術系の高校も説明を聞いたけど、
絵が上手くなりたいなら、やっぱり我が家の先生に教わるのが一番、という結論に達した。

なので、長男も次男も、美術は夫から教わることになった。

今夜はそんな話をしながら、夫からゴッホについて教わった。

超霊媒体質で、気を抜くと簡単に憑依されちゃうゴッホ。
自分を保つために描き続けた自画像。

せつない奇才のゴッホなのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください