あちらの彼女との対話

今日も暑い。
ようやく夏休みが終了し、中学生と小学生は学校へ。

いつもの場所に自転車で向かう私。

涼しくて、空いてて、コーヒーがゆっくり飲める場所へ。


(窓からの景色)

なんとなく、今日は筆談式で彼女とお話したくて、ノートを広げた。

彼女とは、5年前に病気で帰星した石垣島時代の親友。

いつも、心の中で会話してたんだけど、初の筆談式に。

彼女の名前を書いて、三度呼び出してみた。

私「もう疲れたなぁ、イロイロと。」

彼女「全ては一瞬の出来事だよ。」

私「宇宙から見たら、そうなんだよね~」

彼女「一瞬、一瞬を大切に生きたらイイよ。」

私「宇宙から見たら地球生活は一瞬の出来事だって、普段なかなか思えない(^_^;)」

彼女「それは私もそうだった。皆んな、楽しんで生きることを忘れてる。
でもね、一瞬なんだよ、本当に。」

その後もしばらくアレコレ会話して、彼女は最後に、

「大丈夫だよ。」と。

そしたら体が軽くなり、視界もクリアになってた。

彼女に元気をもらった。

いつもありがとう☆

そう、ここはホログラム宇宙。

三次元に時間軸があるというのは幻想である、と日本の宇宙学者が発表したそうだ。

過去、現在、未来と一直線に時間が進んでいるのではない。

むしろ、スパイラル。

色々と難しく考えるよりも、感じた方がいいよね。

そして、この瞬間を楽しもう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください