3月23日。

昨日、3月23日は石垣島時代の友達の命日ということで、朝からBEGINの「島人の宝」を聴いて石垣島に想いを馳せてみたりしながら、朝食をとっていました。

夢で、BEGINの比嘉さんにドライブインで遭遇するというシーンを見たってこともあって(笑)

そんな感じで朝食を食べてるときに、次男が連立方程式を解く作業に苦戦していて、私はゴハンを食べながら解き方説明をしていた時のこと。

娘が冷凍庫のドアを開けて氷を取ろうとしたら、冷蔵庫の上に置いていた大きな鍋が落っこちて床に置いている鳥小屋にぶち当たり、その衝撃で鳥小屋の屋根がズレて開いた隙間からジュウシマツのパピコちゃんが逃げてしまったのでした。

しばらく茶の間と台所を飛び回っていたパピコちゃん。

次男が捕まえようとするも逃げるパピコちゃん。

すると、バンッ!という音がして、その音の方に目をやると、パピコちゃんが床に落ちていました。

その音は、パピコちゃんが壁に突進した時の音でした。

床には動かなくなったパピコちゃんが。。

手のひらに乗せてみると、フワフワして柔らかくて温かいのでした。

目を開ける様子はありません。

しばらくすると、温かかった体はどんどん冷たくなり、硬くなっていきました。

あまりにもあっけなく、パピコちゃんはあちらの世界に旅立ちました。

夫が庭に穴を掘り、そこにパピコちゃんを埋めてあげました。


(パピコちゃん 右側)

一人残された夫のピコロちゃんが一生懸命パピコちゃんの姿を探している様子を見て、家族全員せつない気持ちでいっぱいになりました。

友達と同じ命日になってしまった。

パピコちゃんが遺してくれたメッセージは、

「人生はいつ終わるかわからないもの」

「毎日を大切に、悔いなく楽しく生きること」

いろんな事があるけど、いつまでもクヨクヨ悩んでいても始まらない。

そこにしがみついている間も、時間はどんどん過ぎていく。

だったら今を生きよう。

悩んでいる時間がもったいないね☆

ありがとうパピコちゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください