娘の紫色

まだまだ寒いなぁ。。
桜は今月の28日頃の予想だそうです。

待ち遠しい!

18日から、滋賀県大津市の西武百貨店で販売される「苔ポン」の製作に追われてます。

明日レンタカーで搬入予定なんですが、レンタカー空いてない(^_^;)
世の中、三連休へと突入し、そのまま春休みに入るからね~。


(苔がモッサリと成長して、芽も出てる♪ 数ヶ月庭に放置してた苔ポン)

夫は美術の仕事、苔ポン、セッションと忙しいのですが、そんな中でまたまたスターウォーズシリーズ!

段ボールで「スピーダー」作ってくれました(≧∇≦)

これには家族一同絶句しました。

スゴイ。。。

これはミレニアムファルコンも夢じゃないかも(笑)

さて、昨日の夕方のこと。

娘と買い物に行った帰り道での会話。

娘「いま紫の色がみえてるんだけどさー、おでこのあたりにみえてて、前髪がじゃまだなぁって払ってみたら、髪じゃなくて紫の色だったのー。」

私「いまもみえてるの?」

娘「うん、みえる。(額に手を当てながら)こうやるとみえなくなる」

私「あー、多分第三の目でみてるんだよ。目玉は無いけどもう一つ目があって、見えないものを視るところなの。」

娘「ふーん、それスゴいね~!浩司(夫)も子供のころ視えてたもんね~」

私「そうだよ。子供のころは視えるんだよ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。