ドタバタ家内工業。

9日の平安楽市で急きょ決まった、三田阪急への苔ポン栽出店のため、明日の搬入へ向けて我が家は今朝からてんやわんや!

70個の苔ポン栽を二日で作らなければなりません。

今朝から夫は苔を採りに、私と長男はいつもの無人販売場所まで荷物を運んでいきました。

その後、家族全員手分けしてフライヤーを折ったり、プラスチックのフタを切ったり、家内工業の世界に。


(電動ドリルで器の底に穴を開ける長男)

みんなで仕事してるのが、なんだか楽しい。。。

夕飯が済んだ後も、さっそく作業に。

アントニオ猪木のテーマ「猪木ボンバイエ」を流しながら、長男、次男と一緒にワイワイ言いながらプラスチックのフタをカットする作業をしました。

その間、夫は冷え込む庭で黙々と苔ポン栽を制作。

すごい。夫はすごい。

みんなで協力して無事に搬入できますように!

明日はレンタカーで夫、私、長男の3人で三田市へ出陣します(^_^)☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。