突然、書きたくなったこと。

地球は蒼く美しい惑星です。

でも、そこに住まう人間の波動は低すぎます。
いまだに戦争を続け、環境を破壊し、遅れたテクノロジーで核を保有して、目に見えるものだけを信じ、金と権力に溺れ、命を粗末にし、心は不安と恐れに支配されています。
それが、蒼き惑星、地球の人間です。
地球以外に生命体が存在しない、とも信じています。
古代の地球の人々は、すべてと調和していました。
自然界とのつながり、見えない世界、宇宙とのつながりを大切にし、私たちプレアデス人との交流も当たり前に行っていました。
時は過ぎ、人々は猜疑心というものを持ち始めました。
地球のテクノロジーを過信して私利私欲に使い始めたことで、争いが起きました。
文明の終焉を余儀なくされたのです。
いま再び、同じことが繰り返されようとしています。
あなたたちは、目覚めなければなりません。
すべてと調和していたあの頃の波動に戻るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください