益田岩船つづき。

蚊が多くて多くて!!
あちらこちらを刺されながらも、靴を脱いで背の高い岩船になんとか登っていきました。


(裸足で登るCちゃん)


(どれだけ大きいかがわかると思われる一枚)


(ここにずっと横になっていたかった)


(四角い穴には雨水が溜まっていました)

蚊が多いので夏は避けたほうが良さそうです。

下見しておいて良かった(⌒-⌒; )

一説では、この岩船に登ると体調が良くなると言われています。

私「誰か体調に変化あった?」

夫「Cちゃん、走って降りて行ったじゃない(笑)」

Cちゃん、スカートにサンダルという軽装で、山道を踊るようにあっという間に降りていったのでした(笑)

私は次の日、逆にエネルギー酔いして夫にヒーリングしてもらいました(⌒-⌒; )

奈良、恐るべし!!

縄文エネルギーが残っている!

苔好きの夫曰く、

「あの岩船って、2000年前のものどころか、もっと古い。
それなのに、あれだけ苔むした場所で、岩船自体には一切苔一つ生えていない!」

やっぱり古代の宇宙船だからかな~?( ̄▽ ̄)

秋のツアーで皆さんと感じてみたい。

益田岩船、ますます大好きになりました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。